テルヤ寛徳のブログ
照屋寛徳 社民党・衆議院議員 沖縄2区
プロフィール

照屋寛徳

Author:照屋寛徳
社民党・衆議院議員
沖縄2区



QRコード

QR



カレンダー

02 | 2009/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



訪問者数 since2009.1.8



FC2ブログランキング

クリックをお願いいたします。

FC2Blog Ranking



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


抗議の意思としての契約拒否
 市民社会にあっては、当事者間の自由意志の合致によって契約は成立する。そんなの常識だといえば常識だ。当然だといえば当然だ。ところが、自由意志による合意と信頼を前提に締結されていた契約も、契約当事者の一方が契約相手の不信を買った場合には契約は解約される。破棄され、白紙に戻るのだ。これも当然か。
 3月23日の琉球新報一面の大見出し、中見出しは次の通りである。「軍用地賃貸契約を拒否」ー金武町伊芸区ー、「被弾事件未解決に抗議」「財産保全会が決定」。沖縄の軍用地の歴史と現実を知るものには、一読するだけで記事の内容が分かる。
[続きを読む]
スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。