テルヤ寛徳のブログ
照屋寛徳 社民党・衆議院議員 沖縄2区
プロフィール

照屋寛徳

Author:照屋寛徳
社民党・衆議院議員
沖縄2区



QRコード

QR



カレンダー

11 | 2009/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



訪問者数 since2009.1.8



FC2ブログランキング

クリックをお願いいたします。

FC2Blog Ranking



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


アメリカの巻き返し、圧力が強まっている
 「普天間飛行場問題」で鳩山総理がコペンハーゲンで開かれているCOP15でオバマ大統領との日米首脳会談の道を探っているようだ。報道によると、鳩山総理はその場で普天間の移設先に関する「その時までの政府の考え方」を米側に伝える決意を固めたようだ。今、鳩山総理にとっての3K(経済、基地、献金)が様々にマスコミに登場するが、私は鳩山総理は、(1)日米同盟=日米合意、(2)沖縄の民意=負担軽減、(3)連立政権の信義、などを総合して苦悩していると見る。

 毎日のように“日替わりメニュー”の如き報道があるが、「普天間問題」の結着は越年し、12月18日に鳩山総理がアメリカに伝える内容は、移設先を特定したものではなく、越年せざるを得ない日本政府の考え方の基本を伝えるに止めるものと理解する。

[続きを読む]
スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。