テルヤ寛徳のブログ
照屋寛徳 社民党・衆議院議員 沖縄2区
プロフィール

照屋寛徳

Author:照屋寛徳
社民党・衆議院議員
沖縄2区



QRコード

QR



カレンダー

03 | 2010/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



訪問者数 since2009.1.8



FC2ブログランキング

クリックをお願いいたします。

FC2Blog Ranking



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


再び、鳩山総理の「腹案」について
 昨日のブログで鳩山総理が党首討論で発言した普天間飛行場移設の「腹案」について触れた。ブログを読んだ多くの者から反響があった。ブログ掲載後に配達された朝日新聞夕刊で「素粒子」氏も鳩山総理の「腹案」に論及している。

 「素粒子」氏は、「普天間飛行場の移設先について『腹案を持ち合わせている』と語った鳩山首相。だがその表情から腹を固めた様子はうかがえぬ。どうも腑に落ちない。背に腹はかえられぬ、とばかり、沖縄に重荷を背負わせ続けている、この国。腹に据えかねる思いの沖縄県民も多かろう。一部の国民の犠牲で成り立つ同盟は脆い。日米で腹を割って話し合うことなしに本当の解決はないだろう。腹の読み合いはやめ、腹をくくって欲しい」と、言う。まさに、その通りだ。「素粒子」氏に全面的共感する。この共感は、沖縄県民の共通の思いでもあろう。
 
 さて、鳩山総理の「腹案」発言から一日過ぎた昨日の発言では、私が指摘したように「腹案」が「腹芸」に終わりそうだ。先ほど、ぶら下がりで追っかけてきた某記者は、「腹芸」以下になりそうです、と笑っていた。
 
[続きを読む]
スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。