テルヤ寛徳のブログ
照屋寛徳 社民党・衆議院議員 沖縄2区
プロフィール

照屋寛徳

Author:照屋寛徳
社民党・衆議院議員
沖縄2区



QRコード

QR



カレンダー

06 | 2010/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31



訪問者数 since2009.1.8



FC2ブログランキング

クリックをお願いいたします。

FC2Blog Ranking



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


参議院選挙沖縄の「勝」と「負」
 参議院選挙沖縄選挙区で、社民党・社大党が推薦する山シロ候補が惜敗したことは昨日のブログに書いた。得票数では当選した自民党公認現職島尻候補の「勝」で、山シロ候補は「負」である。その事実は、認める。だが、沖縄の大義では、山シロ候補が「勝」、島尻候補は「負」と思っている。

 悔し紛れに屁理屈でいっているのではない。島尻候補は、普天間飛行場の辺野古移設について「私は県内移設反対だ」と言う。だが、自民党本部のマニフェストは違う。12日の記者会見で、大島自民党幹事長は、党本部は県内移設推進である事を前提に、「今、うんぬんは議論はしていない」とし、当面問題視しないとのみ語っている。要するに、当選した島尻候補は、普天間飛行場り辺野古移設を現に推進する自民党公認として当選せんが為に嘘をついて選挙に「勝」っただけである。道義的には「負」けだ。

 消費税10%引上げにしてもそうだ。党公認候補が党本部方針と違うのであれば、離党してでも政治家としての信念を貫き、有権者を騙す事がない公約に忠実であるべきだ。消費税増税でも信義では山シロが「勝」後々島尻の「負」は判明するだろう。

[続きを読む]
スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。