テルヤ寛徳のブログ
照屋寛徳 社民党・衆議院議員 沖縄2区
プロフィール

照屋寛徳

Author:照屋寛徳
社民党・衆議院議員
沖縄2区



QRコード

QR



カレンダー

06 | 2010/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31



訪問者数 since2009.1.8



FC2ブログランキング

クリックをお願いいたします。

FC2Blog Ranking



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


沖縄における比例代表の動向
 約1カ月ぶりに上京した。議員会館に入ると、引越し準備でダンボール箱の山であった。

 参議院選挙の結果を報ずる全国紙や週刊誌を急いで読む。7月13日付の東京新聞が「タレント候補 大量落選のワケ」を特集し、民主党・喜納昌吉氏の落選について、「普天間迷走のあおり」の見出しで報道している。

 同日の朝日新聞夕刊は、「民主・自民ともに厳しかった沖縄」「社民支持拡大、比例で最多得票」の見出しで参議院選比例区の沖縄県内の得票と得票率を報道している。

 記事によると、社民党12万0064票(22.7%)、民主党11万8915票(22.5%)、公明党9万4905票(17.9%)、自民党9万3385票(17.6%)となっている。社民党はトップである。私の選挙区(衆議院2区)は、社民党得票率27.4%である。読谷村、北中城村、西原町では30%を超えている。2004年の参議院選比例区で、社民党は民主党・自民党の半分にも満たなかったが、今回大きく得票を伸ばした。

[続きを読む]
スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。