テルヤ寛徳のブログ
照屋寛徳 社民党・衆議院議員 沖縄2区
プロフィール

照屋寛徳

Author:照屋寛徳
社民党・衆議院議員
沖縄2区



QRコード

QR



カレンダー

07 | 2010/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



訪問者数 since2009.1.8



FC2ブログランキング

クリックをお願いいたします。

FC2Blog Ranking



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


仲井真知事よ、態度をはっきりせよ!
 昨日、福山・瀧野両官房副長官が来県し、仲井真知事と米軍普天間飛行場の辺野古移設に関する日米合意について会談している。
 今日の地元紙は、会談の様子を一斉に報道している。いつものように地元紙の見出しを拾うと「普天間移設 政府と県溝鮮明」「求める『説明』肩透かし」「政府と認識にずれ」(沖縄タイムス)「辺野古移設 県民納得程遠い」「距離縮まらず 県と政府」「思惑ずれ浮き彫り」(琉球新報)とほぼ一致している。
 会談で福山官房副長官は「今の政府の立場でできる限りの説明をしたい。頭越しではなく議論したい」とか「理解を得られたという言葉は残念ながら得られていない。さらに誠心誠意説明したい」などと述べたらしい。
 私にすれば「今さら何をほざく」と怒鳴りたくなる。沖縄との合意、地元名護市との合意もないままに、頭越しに決めたのが日米共同声明(日米合意)と閣議決定ではないか。鳩山前総理が沖縄との公約を反故にし、沖縄を裏切り、それを菅総理が踏襲したのが辺野古への移設ではないのか。何度政府が説明し、振興策というエサを与えようが、もはや地元名護市と沖縄県民の合意は得られないと覚悟すべきだ。
[続きを読む]
スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。