テルヤ寛徳のブログ
照屋寛徳 社民党・衆議院議員 沖縄2区
プロフィール

照屋寛徳

Author:照屋寛徳
社民党・衆議院議員
沖縄2区



QRコード

QR



カレンダー

09 | 2010/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -



訪問者数 since2009.1.8



FC2ブログランキング

クリックをお願いいたします。

FC2Blog Ranking



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


やはり進んでいる米軍と自衛隊の一体化
 米軍再編の名の下に米軍と自衛隊の一体化・融合化が加速度的に進行している、と批判してきた。同じ事を指摘する軍事専門家も多い。米軍と自衛隊の一体化と同時に日米共同訓練も増加の一途をたどっている。

 10月6日付で提出した「自衛隊の米国派遣訓練にともなう演習場使用料に関する質問主意書」に対する政府答弁書が本日の閣議決定を経て出てきた。

 質問主意書で、私は平成19年度から平成21年度までの間に、自衛隊が実施した米国派遣訓練に関して、年度毎、陸海空自衛隊の別に演習名、演習場所、演習内容、参加部隊及び参加人数、その際の米国の「対外有償軍事援助(Foreign Military Sales = FMS)」によって、わが国が米国に支払った金額を質した。結果、いつもと違って詳細な答弁書が出てきた。一読してびっくり仰天した。

 先ず、陸上自衛隊は、平成19年度から平成21年度までに19回、延べ参加隊員5,000名、支払った金額は約35億円である。海上自衛隊は、同期間に12回、延べ参加隊員2,840名、支払った金額約15億円である。航空自衛隊は、同期間に12回、延べ参加隊員2,700名、支払った金額約33億円となっている。なんと、3年度で43回、10,540人の陸海空自衛隊員がアメリカへ渡り、アメリカの演習場で共同訓練をしているのだ。

[続きを読む]
スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。