テルヤ寛徳のブログ
照屋寛徳 社民党・衆議院議員 沖縄2区
プロフィール

照屋寛徳

Author:照屋寛徳
社民党・衆議院議員
沖縄2区



QRコード

QR



カレンダー

10 | 2010/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -



訪問者数 since2009.1.8



FC2ブログランキング

クリックをお願いいたします。

FC2Blog Ranking



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


イハ洋一、普天間基地の県内移設を葬り去る決意を表明
 11月11日の県知事選挙告示を間近にして、予定候補者の舌戦はかなりヒートアップしている。マスコミ各社が主催する公開討論会、地元紙の紙上討論会、各選対代表者のインタビュー、各党代表者の紙上討論会などを通じ争点も明らかになってきた。政策の違いも鮮明になった。加えて、地元二紙は、県内外の識者の知事選評論を掲載し、復帰後の知事選動向をデータ付きで詳細に報じている。

 昨日は悪天候の中、「平和とくらしを守る会」(イハ選対)主催の「勝利をめざす県民総決起大会」が県立武道館で開催された。雨が降り続く悪天候で参加者が心配されたが、県下各地からバスをチャーターしての参加もあり、予想以上の大結集で安堵した。

 私は、二男嫁の車に同乗し、妻は長男と孫二人と地域の人たちと共にバスに乗り込み参加した。「勝利総決起大会」で予定候補のイハ洋一は、「県知事選に勝利して県内移設に反対する県政を実現し、12年続いた県内移設問題を終わらせ県内移設を葬り去る」と力強く訴えた。このように、普天間飛行場問題についてイハ洋一の公約は明確だ。辺野古新基地建設に必要な県知事の公有水面埋立て免許権限についても「埋立てを明白に拒否する」態度を明らかにしている。一方の現職知事は、「埋立て」について態度を明らかにしていない。

[続きを読む]
スポンサーサイト

民主党政権に逆らうものは政務三役に面会させぬ!
 嫌いな奴、イヤな奴、言うことを聞かない奴とは会わない。政務三役とも会わせない。どうやら、民主党政権はこのような態度らしい。悔しい。残念だ。

 去る10月15日に名護市議会議会で可決した「米軍普天間飛行場『県内移設の日米合意』の撤回を求める意見書」を直接に手交するために上京した稲嶺進市長、比嘉祐一議長、大城敬人軍事基地等対策特別委員長に対する民主党及び政府・関係省庁の態度は常軌を逸する余りにも冷たい態度であった。

 稲嶺市長、比嘉議長、大城軍特委員長は、上京する一週間前から民主党玉城デニー議員(衆院沖縄3区選出)を介して政務三役との面会を求めていたようだ。だが、関係省庁の政務三役が面会を拒否し、事務方との形式的な対応を指示したのである。

[続きを読む]



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。