テルヤ寛徳のブログ
照屋寛徳 社民党・衆議院議員 沖縄2区
プロフィール

照屋寛徳

Author:照屋寛徳
社民党・衆議院議員
沖縄2区



QRコード

QR



カレンダー

10 | 2010/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -



訪問者数 since2009.1.8



FC2ブログランキング

クリックをお願いいたします。

FC2Blog Ranking



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


許せぬ北朝鮮の韓国砲撃
 昨日の午後2時半すぎ、北朝鮮人民軍が韓国の延坪島を砲撃し、韓国軍との間に砲撃戦となり、延坪島では民家多数が炎上、韓国軍兵士に死傷者が出た。偶発的であれ、計画的であれ、目的の如何を問わず許し難い。強く批判し、抗議する。

 韓国大統領府は「明白な武力挑発。民間人まで無差別砲撃を行ったことは決して容認できない」との声明を発表しているが、全くその通りだ。いったい何の目的で民間人へ向かって無差別攻撃するのだ。全く理解できない。この状態だと、北朝鮮は国際社会からますます孤立し、各国の経済制裁も強まるに違いない。

 事態は、朝鮮戦争休戦協定後、最も深刻なものとなった。砲撃のあった延坪島周辺海域での軍事演習、朝鮮戦争停戦協定の不安定さ、双方の海上軍事境界線の主張の違いなどの問題があることは承知しているが、紛争を武力手段で解決せんとするのは間違いだ。

 今度の件で日本政府は「冷静な対応」を呼びかけている。政府は事態に関する情報を収集し、万全の対策を講じて欲しい。同時に、今回の事態を利用したわが国の軍備増強を進める事にも反対する。

2010年11月24日 18時20分

runking.gif
↑↑このブログを多くの皆さんに知ってもらうためにもクリックをお願いします。

スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。