テルヤ寛徳のブログ
照屋寛徳 社民党・衆議院議員 沖縄2区
プロフィール

照屋寛徳

Author:照屋寛徳
社民党・衆議院議員
沖縄2区



QRコード

QR



カレンダー

11 | 2010/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



訪問者数 since2009.1.8



FC2ブログランキング

クリックをお願いいたします。

FC2Blog Ranking



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


仙谷官房長官が「甘受」発言を撤回
 今朝のブログで、仙谷官房長官の普天間飛行場の辺野古移設を「甘受」せよ、との発言を強く批判した。今、NHKの18時のニュースをテレビで観ていたが、開会中の沖縄県議会で「甘受」発言に仲井真知事が不快感を示したこと、沖縄県民の反発をマスコミを通じて知り、仙谷官房長官は発言を撤回したようだ。当然だ。

 ただ、「甘受」発言は撤回されても仙谷官房長官をはじめ、民主党政権の各閣僚、官僚、多くの国会議員の意識は、構造的沖縄差別意識そのものだ。仙谷官房長官に言う。発言を撤回したから済む話ではないぞう!

2010年12月14日 18時15分

runking.gif
↑↑このブログを多くの皆さんに知ってもらうためにもクリックをお願いします。

スポンサーサイト

仙谷官房長官の辺野古移設「甘受」発言への怒り
 今日は、朝から不愉快、不機嫌だ。いや、怒っている。この怒りは私憤ではなく、公憤である。公憤の原因は、地元二紙の朝刊の記事である。両紙とも、12月13日の仙谷由人官房長官の記者会見の発言を「東京発」の記事として掲載している。先ず、両紙の見出しを拾ってみよう。

 「辺野古移設『甘受を』」「官房長官『情と理尽くし説得』」「国民的議論不在理由に」(琉球新報)

 「仙谷氏、負担『甘受して』」「普天間県外移設に難色」(沖縄タイムス)

 両紙の見出しを拾い読みするだけで、仙谷官房長官の記者会見での発言全体が察せられる。両紙ともに東京支社発信の記事と思われ、細部に微妙な表現の違いはある。共通しているのは、普天間飛行場の辺野古移設について「日米同盟深化の視点から、沖縄の方々に誠に申し訳ないが(辺野古移設を)甘受していただきたい。」と述べた、という点である。

 仙谷官房長官は、戦後65年余の長きに渡って米軍基地が過密に存在するが故のウチナーとウチナーンチュの苦しみ、犠牲を知らなさ過ぎる。いや、知っていて、今後も「甘受」せよ、と迫っている。

[続きを読む]



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。