テルヤ寛徳のブログ
照屋寛徳 社民党・衆議院議員 沖縄2区
プロフィール

照屋寛徳

Author:照屋寛徳
社民党・衆議院議員
沖縄2区



QRコード

QR



カレンダー

12 | 2011/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



訪問者数 since2009.1.8



FC2ブログランキング

クリックをお願いいたします。

FC2Blog Ranking



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


民主党石井副代表の「普天間はちっぽけなこと」発言に抗議する。
 1月18日付朝日新聞朝刊は、米軍普天間飛行場問題について一面トップで報じている。トップ記事は「辺野古V字案で調整」「I字断念へ 沖合移動も検討」の見出しに続き、次のような記事になっている。

 「日米両政府は、沖縄県の米軍普天間飛行場(宜野湾市)移設先に予定する名護市辺野古の代替施設について、滑走路2本の『V字案』で調整する検討に入った。滑走路一本の『I字案』は断念する見通しだ。安全性や騒音への配慮から、V字型滑走路を従来の日米合意よりも沖合いに移動させることも検討している。」

 この朝日新聞の記事に関し、北沢防衛大臣は、さっそく「政府としてああいう方針にまったくない。かなり先走りの誤報だろう」と否定している。この間の普天間飛行場問題に関する経緯に照らすと、常に政府は日米交渉の内容について、沖縄県民に情報を開示せず、頭越しに決めてきた。もはや、北沢防衛大臣がいかなる言い訳をしても、にわかに信じられない。もちろん朝日新聞の記事を鵜呑みにするものではないが、十二分に根拠のある記事だと思っている。

[続きを読む]
スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。