テルヤ寛徳のブログ
照屋寛徳 社民党・衆議院議員 沖縄2区
プロフィール

照屋寛徳

Author:照屋寛徳
社民党・衆議院議員
沖縄2区



QRコード

QR



カレンダー

02 | 2011/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



訪問者数 since2009.1.8



FC2ブログランキング

クリックをお願いいたします。

FC2Blog Ranking



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


菅政権は、辺野古移設を断念せよ ―カーティス教授論文との関連で―
 「世界一危険」な米軍普天間飛行場の辺野古への移設問題については、再三再四、ブログに書いてきた。私が辺野古移設に反対する理由や沖縄の民意・アメリカ国内における財政赤字を理由とする海外米軍基地の削減・撤廃論などにも言及し、辺野古移設はもはや不可能になった、とも論じた。

 2月22日から23日まで、東京で開催された「新・下田会議:激動する国際社会と日米戦略的パートナーシップの再構築」に「日米関係の将来」と題する基調論文を寄せたコロンビア大学のジェラルド・カーティス教授(政治学)は、同論文の中で、次のように述べている。

 カーティス教授は、前記論文で「普天間の難題と日米安全保障関係の将来」について言及する中で、

 「この問題が長引けば長引くほど、日米の信頼関係は崩れ、他の重要課題、そして安全保障同盟をどのように進化させるかといった関心がそらされてしまう。」と記している。

[続きを読む]
スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。