テルヤ寛徳のブログ
照屋寛徳 社民党・衆議院議員 沖縄2区
プロフィール

照屋寛徳

Author:照屋寛徳
社民党・衆議院議員
沖縄2区



QRコード

QR



カレンダー

06 | 2011/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -



訪問者数 since2009.1.8



FC2ブログランキング

クリックをお願いいたします。

FC2Blog Ranking



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「脱原発」か「減原発」か
 社民党は、先に「脱原発アクションプログラム」を発表した。同アクションプログラムの中で、2020年までに原発ゼロ、2050年までに自然(再生可能エネルギー)100%の日本社会の道筋を示した。社民党は「脱原発」が党是である。

 さて、東京電力福島第一原発の事故を受けて、エネルギー政策を見直す菅内閣の「エネルギー・環境会議」の中間整理案が明らかとなった。菅総理は、7月13日の記者会見で「原発がなくてもやっていける社会を実現していく」と表明した。私は、菅総理の「脱原発依存社会」の表明を歓迎するが「脱原発」の社民党方針からすると手放しでは喜べない、と批判した。菅総理の「脱原発依存社会」の実現は菅内閣としての方針と思ったが、党内や野党の一部から批判され、「菅個人の考え」へと後退してしまった。

[続きを読む]
スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。