テルヤ寛徳のブログ
照屋寛徳 社民党・衆議院議員 沖縄2区
プロフィール

照屋寛徳

Author:照屋寛徳
社民党・衆議院議員
沖縄2区



QRコード

QR



カレンダー

09 | 2011/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



訪問者数 since2009.1.8



FC2ブログランキング

クリックをお願いいたします。

FC2Blog Ranking



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「大勝利と同時に大敗北」―沖縄返還密約文書開示裁判―
 9月29日、東京高等裁判所で、沖縄返還(1972年)を巡る日米間の密約文書の開示を求めた裁判の控訴審判決があった。

 先週末から今週初めにかけて、判決要旨(判決言渡し後、裁判所がマスコミに配布するもの)を入手し、新聞各紙の報道記事と併せてじっくり読んだ。冒頭の「大勝利と同時に大敗北」は、判決言渡し後、原告側が語った言葉であり、9月30日付毎日新聞朝刊社会面の見出しは、「大勝利だが大敗北」である。

 9月29日、東京高裁で言渡された前記裁判の正式な名称は、「文書不開示決定処分取消等請求控訴事件」であり、控訴人(被告)は国、処分をした行政庁は外務大臣と財務大臣である。ご承知のように、原告(被控訴人)は、元毎日新聞記者・西山太吉氏、作家・澤地久枝氏、密約文書を米公文書館で見つけ出した琉球大学教授・我部政明氏ら25名である。

[続きを読む]
スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。