テルヤ寛徳のブログ
照屋寛徳 社民党・衆議院議員 沖縄2区
プロフィール

照屋寛徳

Author:照屋寛徳
社民党・衆議院議員
沖縄2区



QRコード

QR



カレンダー

09 | 2011/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



訪問者数 since2009.1.8



FC2ブログランキング

クリックをお願いいたします。

FC2Blog Ranking



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


“ごめんなさい”と謝っても許さない、認めない。
 昨日から来県中の一川防衛大臣が、県庁で仲井真知事と面談し、鳩山元総理が普天間飛行場の「国外、最低でも県外」と公約しながら、自民党政権時代の辺野古移設に回帰した混乱を「おわび」した上で、環境影響評価(アセスメント)の「評価書」を「年内に提出できるよう準備を進めている」旨、語っている。テレビニュースで確認した。藤村官房長官も、午前中の記者会見で、年内の「評価書」提出を表明した。

 日常生活の中で“ごめんなさい”と素直に謝られると、相手を許す。それくらいの寛容の度量はあるつもりだ。だが、こと普天間飛行場の辺野古移設に関しては、鳩山元総理が沖縄県民を裏切り、努力を尽くさず、いとも簡単に公約を反故にした事を、現野田政権の閣僚や民主党幹部らがどんなに謝っても許さない、認めない。謝ったから過去は水に流して「辺野古に移設してもいいです」とはならない。そのような気持ちは、私だけでなく、仲井真知事を始め、多くの県民の思いだろう。現に、知事は一川防衛大臣にその旨伝えている。

[続きを読む]
スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。