テルヤ寛徳のブログ
照屋寛徳 社民党・衆議院議員 沖縄2区
プロフィール

照屋寛徳

Author:照屋寛徳
社民党・衆議院議員
沖縄2区



QRコード

QR



カレンダー

11 | 2011/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31



訪問者数 since2009.1.8



FC2ブログランキング

クリックをお願いいたします。

FC2Blog Ranking



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


沖縄からのアピール ―評価書、F15トラブル―
 昨日(12月19日)から今日にかけ、世界中を北朝鮮の金正日総書記死去のニュースが飛び交い、マスコミ各社の報道は、独裁国家の「世襲王朝」の権力移譲(継承)に集中した。わが国にとって、拉致、核、ミサイル問題の解決や日朝国交回復の問題もあり、私もついついテレビニュースに釘付けになる一日だった。

 そのような国際社会の激動の一日にあって、沖縄で二つの注目すべき出来事があった。

 一点目は、稲嶺恵一前知事、大田昌秀元知事らを含む、沖縄県内の学者、文化人、団体代表ら19人が共同アピールを発表したことである。

 共同アピールは、先に沖縄県議会が全会一致で可決した「米軍普天間飛行場の辺野古移設に反対し、環境影響評価書の提出断念を求める意見書」に賛同する意思を表明したものである。共同アピール賛同人に知事経験者二名が名を連ねた意義は大きい。それだけに、先の「評価書」提出断念を求める県議会の全会一致の意見書が、沖縄の民意に合致している何よりの証拠であろう。

[続きを読む]
スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。