テルヤ寛徳のブログ
照屋寛徳 社民党・衆議院議員 沖縄2区
プロフィール

照屋寛徳

Author:照屋寛徳
社民党・衆議院議員
沖縄2区



QRコード

QR



カレンダー

12 | 2012/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



訪問者数 since2009.1.8



FC2ブログランキング

クリックをお願いいたします。

FC2Blog Ranking



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


人口減少で国民の年金はどうなる
 2010年時点のわが国の総人口は、1億2806万人である。ところが、2048年に総人口は、1億人を割り込み、50年後の2060年には、867万人と3割減となるようだ。国立社会保険・人口問題研究所が、1月30日に公表した将来推計人口で明らかになった。

 わが国は、少子高齢社会が進行し、女性が生涯に産む子どもの数(合計特殊出生率)も2060年推計で1.35ほどが推移すると予測されている。この事を知ると、9人の子どもを産み、育てた私の亡き母など天国で「ブチクン」(気絶)する位驚くに違いない。

 2060年時点の平均寿命も、男性が84.19歳、女性は90.93歳と、長寿化が進む見通しのようだが、この長寿化も、医療、介護、福祉、年金など、解決(対策)すべきたくさんの問題を抱えている。

[続きを読む]
スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。