テルヤ寛徳のブログ
照屋寛徳 社民党・衆議院議員 沖縄2区
プロフィール

照屋寛徳

Author:照屋寛徳
社民党・衆議院議員
沖縄2区



QRコード

QR



カレンダー

01 | 2012/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -



訪問者数 since2009.1.8



FC2ブログランキング

クリックをお願いいたします。

FC2Blog Ranking



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


自然界の気温差と政治の「温度差」-東京と沖縄-
 昨日は朝から党務と政務をこなし、15時台の便で地元に戻った。あいにくと沖縄地方は雨、特に、自宅にたどり着いた19時前後の雨脚は強かった。

 今日の沖縄は、天気も良好で最高気温は22度。一方で、朝のテレビニュースは、未明から降り出した雪で都心でも5センチの積雪と報じていた。
 
 昼過ぎまでに、私用や後援会の仕事を済ませ、14時10分発のJAL便で上京した。沖縄⇔東京の往来はしんどいが、機内で本や資料をたっぷり読めるので貴重な時間である。
 羽田に着陸する直前の機内アナウンスで、東京の気温が3度と知った。なるほど、議員会館へ直行すると、国会周辺は残雪による雪化粧であった。

 沖縄22度、東京3度のこの時期の気温差にもまいってしまうが、自然界の気温差以上に霞が関や永田町と沖縄との政治的温度差も大きく、驚かされる。沖縄と本土のマスコミの温度差もそうだ。

[続きを読む]
スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。