テルヤ寛徳のブログ
照屋寛徳 社民党・衆議院議員 沖縄2区
プロフィール

照屋寛徳

Author:照屋寛徳
社民党・衆議院議員
沖縄2区



QRコード

QR



カレンダー

02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31



訪問者数 since2009.1.8



FC2ブログランキング

クリックをお願いいたします。

FC2Blog Ranking



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


国民新党が政権離脱、分裂、解党か
 野田政権は、今日(3月30日)朝の閣議で、消費税増税法案を閣議決定した。

 野田総理は、今国会中の消費税増税法案の成立に「政治生命を懸ける」と明言しており、「消費税国会」は、先行き不透明な状況になった。

120330 ブログ写真__

[続きを読む]
スポンサーサイト

消費税増税に政治生命を懸ける野田総理
 どうやら通常国会(会期150日間、6月21日まで)前半の大きな山場を迎えたようだ。

[続きを読む]

田中防衛大臣の問責決議と辺野古移設断念
 今日(3月28日)、自民・公明両党の幹事長、国対委員長会談で、田中防衛大臣の問責決議書案を提出する事を決めた、との共同通信のニュースがネットに流れた。
 大賛成だ。

[続きを読む]

芸能生活55年の涙―知名定男引退の波紋―
 昨日のブログに「知名定男さん歌手引退表明」と題して書いた。昨日の私のブログに予想以上のアクセスがあり、反響の大きさを知った。
[続きを読む]

知名定男さん歌手引退表明
 昨夜、畏友・知名定男の「芸能生活55周年記念リサイタル」が沖縄市民会館で盛大に開催された。私は、同リサイタルの実行委員長として挨拶に出かけた。

[続きを読む]

ユンタク?(おしゃべり?)、それとも〝密談〟
 野田内閣の閣僚(大臣)の沖縄詣でが続いている。

 去る3月23日、24日の両日、玄葉外務大臣が就任後3度目の来県をした。

[続きを読む]

小さな記事の大きな真実 -普天間飛行場移設問題-
 3月23日付・朝日新聞朝刊に、いわゆるベタ記事と呼ばれる小さな記事を見つけ、思わず唸った。「小さな記事で大きな真実」を報道している、との印象を強くしたからだ。

 同紙4面に「発言録」という囲み欄がある。先日の衆議院予算委員会における私の発言も取り上げてもらった。地元二紙でいえば「記者のメモ」や「記者席」みたいなものだ。

P3230099.jpg
3月23日付・朝日新聞朝刊

[続きを読む]

やっぱり消費増税には反対です
 昨日(3月21日)各種経済団体の代表、学者、超党派の国会議員が出席して「消費税を考える国民会議」の設立総会が開かれた。議長に清水信次氏、幹事長に川内博史民主党衆議院議員が選出された。
 私も「消費税を考える国民会議」設立総会に参加した。

P3210099.jpg
「消費税を考える国民会議」設立総会=21日17時ごろ、衆議院第2議員会館

[続きを読む]

良かった、嬉しい。沖縄関連二法が衆議院沖北委で可決
 今日(3月21日)は、朝から上機嫌だ。
 その理由は、沖縄関連二法案が午前9時からの衆議院沖北委で全会一致で可決したのに起因する。

P3210098.jpg
改正沖縄振興特措案および修正案

P3210099.jpg
改正駐留軍用地返還特措法案および修正案

[続きを読む]

「普天間爆音」を裁く原告3129人の決起
 「第2次普天間基地爆音訴訟」が爆音で苦しむ市民(原告)3129人が被告国を相手に来る30日に提訴する事が明らかになった。

 原告数は第1次訴訟(396人)の約8倍である。原告弁護団によると、引き続き原告を募集し、夏にも追加提訴するというから、原告団は間違いなく増えるだろう。

[続きを読む]

またもや浮上した大連立政権構想
 政局のたびに浮かんでは消える大連立政権構想が、消費増税の政局の中で急浮上している。

 今回の大連立構想は、岡田副総理が消費税法案の成立へ向けて自民党幹部らに打診をした事で発覚した。この間、伏線は多くあり、恐らく野田政権の閣僚や民主・自民幹部間の裏交渉も様々に行われている事だろう。

[続きを読む]

「スラップ訴訟」を知らない「スクラップ防衛省」
 昨日(3月16日)の安全保障委員会で、田中防衛大臣や玄葉外務大臣に質問し追求した。

 3月15・16日の両日は、先にブログに書いたように連日2つの委員会での質問であった。少数政党で委員の差し替えもままならない。それよりも私自身が質問で問い質したい課題は山積である。「質問準備が大変だ」などと弱音を吐くわけにはいかない。

[続きを読む]

「学校幼稚園」と在沖米海兵隊の3千人増と・・・ -沖北委での質問-
 今週は委員会ラッシュだ。その日の質問をこなしては、翌日の質問づくりに追われている。
 昨日は、午前中の憲法審査会について触れたが、午後からは沖縄北方特別委員会(沖北委)の質問に立った。今日も沖北委と安保委員会のダブルヘッダーである。

[続きを読む]

憲法は「改正」ではなく「破棄」を、との石原東京都知事発言を糾弾す!
 今日(3月15日)衆議院憲法審査会が開かれた。

 憲法審査会は、テーマに沿って委員1人5分間の質疑、意見表明で運営されている。
 今日は、同時刻に沖縄北方特別委員会も開かれており、私は両方で質問することになった。少数政党の悲哀で、いわゆる”掛け持ち”である。

P3150107.jpg
衆議院・沖縄北方特別委員会=11時半ごろ、院内

[続きを読む]

米軍による民間空港の軍事利用を許すな!
 沖縄県や石垣市が強く自粛要請をしたにもかかわらず、在日米海軍は石垣空港を強制的に使用した。

石垣記事
3月14日付 地元二紙

[続きを読む]

アメリカ言いなりの在日米軍再編見直し
 外交交渉は、言うまでもなく交渉当事国が主体的に国益を考慮して進めるものだ。
 相手方の言いなりやペースで交渉をやっても、よい結果は生まない事は明々白々だ。

 今日から米ワシントンで在日米軍再編見直し合意後の日米外務・防衛の審議官級協議が始まる。
 
 わが国の対米従属外交(特に、米軍基地問題について)については、このブログで再三再四批判してきた。今さらながら、日米審議官級協議に甘い期待を寄せるつもりは全くない。全くないが、3月13日付の中央紙朝刊を読むと「やっぱしなー」と思わず怒りが湧いてきた。

P3130097.jpg
3月13日付朝日新聞(朝刊)

[続きを読む]

「カメジロウの遺言」(瀬長瞳著、ゆい出版)を読んで
 著者の瀬長瞳さんは「カメさん」「セナガさん」「カメジロウ」の愛称で多くのウチナーンチュから敬愛され、信頼・尊敬された「不屈の政治家」瀬長亀次郎氏の長女である。
 おそらく50代以上のウチナーンチュで”瀬長亀次郎”の名前を知らない者は少ないだろう。「50代以上」としたのは、私の勝手な思い込みにすぎない。

 瀬長亀次郎氏は、米軍支配下の沖縄で、常に大衆の先頭に立って農民運動、労働運動を指導し、米軍から違法・不当な弾圧を受け、投獄(1954年、沖縄人民党事件)されながらも不屈に闘った「沖縄のガンジー」である。
 生前の瀬長亀次郎氏の風貌は、写真で見るガンジーそっくりであった。

P3120097.jpg
瀬長瞳著「カメジロウの遺言」(ゆい出版、2012)

[続きを読む]

「3・11」から明日で1年。「人間の復興」と再生へ
 「3・11」の大震災と大津波、福島第一原発事故から明日で満1年を迎える。

 ここ数日前から、テレビ、新聞等のマスコミは、「3・11」から1年目の現実を多角的に特集し、報道している。
 テレビの報道で「3・11」の瞬間と1年が経過した現実を観ると、依然として言葉を失うばかりである。

 あらためて、犠牲者の方々のご冥福を祈り、被災者の皆さんに心からお見舞いを申し上げます。

[続きを読む]

沖縄関連法案に関する与野党PT設置
 表題の沖縄関連法案とは、沖縄振興と駐留軍用地の跡地利用に関する2つの法律のことである。具体的には、沖縄振興特措法と軍転特措法の改正案や対案、修正案を指している。
 現行法はともに時限立法で、来る3月31日で日切れとなる。そのため、改正のうえ延長が必要だ。仮に、日切れとなると廃案になり、来年度からの沖縄振興や跡地利用推進に関する根拠法を失ってしまう。国会の責任の下で、最悪の事態は何としても避けねばならない。

P3090099.jpg
PT設置確認会合であいさつ=10時すぎ、参議員会館内

[続きを読む]

泡盛一升は飲めないと思います・・・。 -野田総理のつぶやき-
 今日の18時すぎに来年度予算案が衆議院で可決し、参議院へ送付された。
 来年度予算にはあまりにも問題が多く、私や社民党は反対した。おそらく、野党多数の参議院では否決されるであろう。それでも、予算は衆議院の議決が優越するので、衆議院の採決どおり成立する。

P3080095.jpg
8日18時半ごろ=衆議院内

[続きを読む]

心痛む「孤立死」「孤独死」の現実
 3月8日付の東京新聞一面トップ記事は「立川でまた孤立死」「90代母と60代娘か」とショッキングに報道している。

P3080097.jpg
3月8日付東京新聞(朝刊)

[続きを読む]

オスプレイ一時本土配備か?
 米軍が保有する新型垂直離着陸輸送機MV22オスプレイとは、「黒い怪鳥」とも「未亡人製造機」とも呼称される欠陥機である。

[続きを読む]

総理には泡盛、農水大臣にウージ染め、防衛大臣に普天間飛行場のプレゼントを約束
 3月4日は各党国対委員長によるNHK日曜討論。昨日(3月5日)は予算委分科会の質問。
 今日は予算委員会の集中審議での質問を今しがた終えたところである。

[続きを読む]

ジュゴンは神の使者だ!
 歴の上では、今日(3月5日)が啓蟄(けいちつ)である。

 啓蟄とは、冬ごもりしていた虫たちが地上に出て活動を始める時分の意である。(新明解国語辞典)啓蟄の虫ではなく、沖縄ではニライカナイから神の使者であるジュゴンが姿を現した。



[続きを読む]

尊敬する大田昌秀氏の活躍と研究
 尊敬する元沖縄県知事、前参議院議員の大田昌秀氏は、私財を投じて「大田平和総合研究所」を主宰している。

 本日(3月3日)、かねてからの大田平和総合研究所の新装移転と特別写真展「人間が人間でなくなるとき」及び沖縄戦写真展が同研究所であり、お祝いを兼ねて写真展の見学に出かけた。

[続きを読む]

「会ってないノダ!」-2・25極秘会談-
 与野党の駆け引きは衆院解散・総選挙含みの「3月政局」に突入した。(3月2日付毎日新聞)
 
 昨日からマスコミは2月25日の野田総理と自民党谷垣総裁の極秘会談の話題で盛り上がっている。

[続きを読む]

「沖縄から国策の欺瞞を撃つ」を出版
 今日から弥生3月に入った。国会も、衆議院予算委員会が大詰めを迎えた。間もなく季節は大地が躍動する春だ。

 この時期に、琉球新報社から拙著「沖縄から国策の欺瞞を撃つ」を出版した(2012年2月20日発行)。私にとって6冊目となる本だが、今回は2003年の「ウチナーンチュときどき日本人」(ゆい出版)以来の出版である。

 その間、脳梗塞を発症し、その後遺症に悩まされ、闘いながらの日々で、なかなか本を書く気になれなかった。ただ、国会議員としては、選んでくれた有権者への説明責任や活動報告義務もあり、ホームページ開設に始まり、ブログに移行してからは毎日のように発信を続けてきた。



[続きを読む]



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。