テルヤ寛徳のブログ
照屋寛徳 社民党・衆議院議員 沖縄2区
プロフィール

照屋寛徳

Author:照屋寛徳
社民党・衆議院議員
沖縄2区



QRコード

QR



カレンダー

07 | 2012/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



訪問者数 since2009.1.8



FC2ブログランキング

クリックをお願いいたします。

FC2Blog Ranking



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


恐怖の翼、昼も夜も、25市町村上空飛行
 一昨日夕方から昨日の午前中、自治労第84回定期大会出席のため、函館市に行ってきた。昨日の函館市は「歴史的な猛暑」「記録的な猛暑」であり「かつて経験したことのない暑さ」であった。

 明日から9月だというのに、「猛暑」「残暑」は厳しい。それでも自然界に眼をやると「小さな秋」を見つけるようになった。

[続きを読む]
スポンサーサイト

米側報告を追認、独自の分析・検証なし-オスプレイ事故報告-
 8月28日、防衛省は本年4月にモロッコで発生したオスプレイ墜落事故に関する日本側の分析評価報告書を公表した。
 森本防衛大臣は今日、同報告書を持参して仲井真沖縄県知事らと面談し、説明のうえ普天間基地への配備に理解を求めるという。

P8290258.jpg
防衛省の分析評価報告書(左)と米側の事故報告書(仮訳)

P8290255.jpg
事故概要の図説

[続きを読む]

憲政史上まれに見る暴挙、汚点、議会制民主主義の破壊
 今日(8月28日)の衆議院本会議で通称「衆議院の選挙制度改革法案」が可決され、参議院へ送付された。
 可決通過した法案の正式名称は「公職選挙法及び衆議院議員選挙区画定審議会設置法の一部を改正する法律案」である。

[続きを読む]

台風の沖縄、猛暑の東京-国会は暴風域寸前-
 昨日(8月26日)は、各党国対委員長によるNHK「日曜討論」に出演し、番組終了後に沖縄へ戻り、地元日程をこなす予定だった。ところが、大型台風15号が沖縄を襲来し、陸・海・空の交通がストップしたため戻れず、そのまま東京に残った。

[続きを読む]

総理官邸前の脱原発、再稼働反対の抗議行動
 大型で非常に強い台風15号が沖縄地方に接近している。台風15号は速度が遅い。だが、沖縄地方を直撃する予報であり、最大瞬間風速70メートルに達するようだ。

 私のほうは、昨日の本会議を終えてから沖縄に戻った。今日の夕方には解散総選挙に向けて「後援会(選対)事務所開き」を予定している。今のところ台風15号の進路を気にしながらも予定通り開催するつもりだ。
 ところが明日には、各党の国対委員長によるNHK日曜討論があり、那覇発羽田行きの最終便が飛ぶかどうか、やきもき、イライラしている。

[続きを読む]

悪質で卑劣な米兵事件、「綱紀粛正」は手垢のついた言葉
 8月23日の衆議院予算委員会は、外交・防衛問題をテーマに集中審議をおこなった。私も阿部議員に代わって社民党を代表して質問に立った。
 予算委員会の様子はNHKテレビで放映されたので、ブログを読んでくださっている皆さんの中にはご覧になった方もいると思う。

 質問の冒頭で、琉球王朝以来のウチナーの伝統工芸のすばらしさを誇り、浦添織りのかりゆしウェアでの登場を告げた(50人の委員のうち、かりゆしウェアは私たった一人のみ。猛暑が続いているのにネクタイ、背広姿がほとんどだった)

IMG_5443.jpg
23日午後5時すぎ=衆議院内

[続きを読む]

平行線、実質的なゼロ回答-野田総理と市民団体との会談-
 8月22日の総理官邸における「首都圏反原発連合」のメンバーと野田総理との面談は平行線、もの別れ、実質的なゼロ回答、に終わった。

 関西電力大飯原発(福島県おおい町)の再稼働等に反対し、毎週金曜に官邸前へ結集する市民運動の高まりを野田総理や民主党政権が無視できなくなり、しぶしぶ面談に応じたものの、真剣に話を聞くわけでもなく、単なる”ガス抜き””通過儀礼”的な対応に終わったのは残念である。

[続きを読む]

伝え、報道することで世界は変えられる-山本美香さん殺害への怒りと悲しみ-
 昨日から今日にかけてのテレビ、新聞等のマスコミ報道を通じて、ジャーナリスト山本美香さん(45)がシリア北部アレッポで政府軍と連携する政府派民兵に銃撃され、死亡した事件に悲痛な慟哭を受けている。

P8220203.jpg
山本美香さん殺害の悲報を伝える8月22日付朝刊(左から)朝日新聞、毎日新聞

[続きを読む]

飛ぶ凶器(オスプレイ)と歩く凶器(海兵隊)
 「オスプレイが飛ぶ凶器なら海兵隊(員)は歩く凶器だ」。
 
 海兵隊員による性暴力事件抗議集会における参加者発言として、8月21日付「沖縄タイムス」が報じた記事中に見つけた。言い得て妙、その通りだ。

[続きを読む]

どんなパイロットを乗せるか
 15時35分の那覇発羽田空港行のJAL機に乗るべく、空港ラウンジでこのブログを書いている。

 今日は、地元紙が休刊日である。よって、全国紙を丹念に読んでいると、朝日新聞の「天声人語」に、実に興味深いコラムを見つけた。「天声人語」氏によると、ベトナム戦争の頃、米軍が高性能の攻撃用ヘリを作り、開発に関わった技術者らがどんなパイロットを乗せるか合議した―らしい。結論は、「理学系博士課程の学力があり、五輪選手級の運動神経を持つ、自殺志願の男性」と決まったようだ。

[続きを読む]

またもや米海兵隊員の凶悪犯罪発生
 米海兵隊のキャンプ・バトラー所属 伍長 イアン・クリストファー・ターバー容疑者による強制わいせつ致傷事件は、県都那覇市の住宅街で8月18日に発生した。

 ターバー容疑者は「カクテルを飲んで酔っていた」と供述していうようだが、警察の検査ではアルコールは検出されてなかった、と報道されている。

[続きを読む]

「何を今さら!」防衛大臣のオスプレイ危険性認識
 8月18日付沖縄タイムスの一面トップ記事を読んで、「何で今さら!」とついつい一人で怒鳴ってしまった。私が立腹したのは、オスプレイの危険性に対する森本防衛大臣の認識である。
[続きを読む]

尖閣不法上陸問題とオスプレイ配備
 尖閣諸島は、まぎれもなくわが国の固有の領土である。その事実は、国際法上も明確である。
 私は、2010年の衆議院予算委員会で「尖閣列島わったーもの」(作詞 新屋敷幸繁、作曲 照屋林助)のウチナー民謡を紹介しつつ、尖閣問題を論じたことがある。
[続きを読む]

「原発と基地」、オスプレイ配備の「命と人権無視、差別」について
 昨日(8月15日)の終戦(敗戦)記念日に神戸市で行われた「平和のための市民の集い」では「日米安保と基地・オスプレイ」との演題で講演をした。
 集会では、小林圭二氏(京大原子炉実験所元講師)の「命と人権無視、原発の差別性」と題する講演もあった。フロアからの意見表明、質疑応答も盛んで、熱心かつ活発な集会となった。

IMG_0952.jpg
15日午後、神戸市勤労会館

[続きを読む]

67年目の終戦記念日 -非戦の誓いと決意 -
 67年目の終戦記念日の朝、神戸市内のホテルで目をさました。実は、今日神戸市内で「平和のための市民の集い」があり、講演を頼まれ、昨夕から神戸入りをしている。
[続きを読む]

拒絶と抗議の風船、後援会事務所に掲げる
 昨日(8月13日)は、沖縄国際大学に米海兵隊のCH53大型ヘリが墜落炎上して8年目であった。昨日のブログでも書いたが、墜落直後の現場周辺は、日米軍事同盟と日米地位協定によって、ウチナーンチュの人権もこの国の主権も否定されている「基地沖縄」の姿が現出していた。
[続きを読む]

沖国大への米軍ヘリ墜落から8年目、依然として続く軍事優先
 本日(8月13日)は、2004年8月13日、沖縄国際大学に米海兵隊のCH53大型輸送ヘリが墜落炎上してから満8年目である。
[続きを読む]

県民大会だよ、全員集合!-ウチナーの怒りを結集しよう-
 台風11号の急接近で順延になっていた「オスプレイ配備反対県民大会」が、9月9日 午前11時から宜野湾海浜公園で開催されることが決定した。

 「仕切り直し」の大会である。実行委員会では大会規模を「5万人以上」から「過去最大規模」に目標を拡大変更した。

[続きを読む]

民自公談合3党が内閣不信任案を否決!
 このブログを書き出したら、熱闘甲子園から朗報が飛び込んできた。
 浦添商業高校が強豪・愛工大名電高校を下して初戦を突破した。「シタイヒャー」浦商高校!優勝目指して「チバリヨー」!

[続きを読む]

「近い将来」→「近いうちに」解散・総選挙-「増税3兄弟」の談合-
 昨日(8月8日)は、社民党を含む中小野党5党も、朝から夜の10時過ぎまで断続的に国対委員長会談を開催のうえ、「消費税国会」最大のヤマ場を注視し、情報交換を怠りなくやった。
 その間、民主党が自民党に提案した「近い将来」国民の信を問う、との解散時期をめぐって、両党の攻防が展開された。

[続きを読む]

国会は一気に緊迫、野田総理の進退両難
 野田総理の進退きわまる、と言うべきか。それとも、野田総理の進退両難、とでも言うべきか。

 昨日、自民、公明、たちあがれ日本などを除く野党6党が衆議院に野田内閣不信任決議案を、参議院に野田総理問責決議案を提出後、衆参国会は一気に緊迫の様相を強めた。

P8080201.jpg

[続きを読む]

野田内閣不信任決議案を提出
 8月7日17時25分頃、自公を除く野党で「野田内閣不信任決議案」を衆議院議長に提出した。

P8070200.jpg

[続きを読む]

民主党・前原政調会長の”リンク論”と隠密行動批判
 「言うだけ番長」の民主党前原政調会長は、沖縄問題に関する限り、隠密行動が得意なようだ。得意というよりも大好きと言うべきか。

[続きを読む]

明日(8月7日)にも野田内閣不信任案を提出
 先ほど15時30分から少数野党5党による国対委員長会談をおこなった。
 各党の国対委員長が、先週末から今日にかけての民主党・自民党・公明党の談合3党の動き等について情報を交換し、「明日(8月7日)に野田内閣不信任案を提出する」ことを確認した。
 そのうえで、この後18時から少数野党による幹事長会談を開き、提出のタイミング(時間)、提出にあたっての役割分担等を協議してもらうことになった。

[続きを読む]

「核と人類は共存できない」 ―広島・長崎の原爆忌に思う―
 8月6日は広島、8月9日は長崎の原爆忌である。

 広島、長崎での原爆犠牲者の皆さんに哀悼の意を表すると共に、多くの被災者の方々と今なお原爆症に苦しんでおられる方々にお見舞いを申し上げます。

 核戦争への恐怖と不安から、人類は核軍縮の方向に歩み出した。だが、世界的な核軍縮の状況は未だ厳しいものがある。世界には約1万9,000個の核兵器があると言われている。イランや北朝鮮は、現在進行形で核開発を進めている。私は、核軍縮から核廃絶への歩みを進める事が人類の幸せに繋がるものと考える。

[続きを読む]

普天間基地司令部へデモ
 今日(8月4日)16時から、平和市民団体による普天間第1ゲート前でオスプレイ配備反対座り込み闘争の総括集会とデモがあり、駆けつけた。

0804集会

[続きを読む]

森本防衛大臣のオスプレイ試乗は無意味だ
 お昼頃のテレビニュースで、訪米中の森本防衛大臣がオスプレイに試乗し、試乗後の感想を述べているニュースを観た。

[続きを読む]

路上の民意とウチナーの民意
 脱原発や原発再稼働反対を訴える首相官邸前路上の人波が増えることはあっても、減る事はない。
 去る7月20日には、20万余の市民が国会周辺に集結した。まさに、「路上の民意」である。この「路上の民意」を野田内閣も無視できない段階に来ていると思う。
[続きを読む]

オスプレイは「空飛ぶ恥」-米タイム誌の批判記事-
 国民性や民族性の違いだろうか、アメリカの表現方法にはハッと人を刺すような表現がある。もちろん、言語文化に基づく文章表現の違いもあるだろう。

 オスプレイについては、日本では「欠陥機」という表現が一般的であるが、アメリカには「未亡人製造機」という呼び方もある。
(もっとも、私は「未亡人」という表現には強い違和感を覚える)

[続きを読む]

北部市町村会が辺野古移設撤回を決議 ―強い抵抗の意思―
 宜野湾市にある後援会事務所からFAXで送られてきた地元二紙を読んで思わず快哉を叫んだ。「シタイヒャー(よくやった)!」

 北部市町村会(会長・儀武剛金武町長)は、7月31日の総会で、(1)MVオスプレイの米軍普天間飛行場への配備計画の即時撤回、(2)北部地域における基地負担軽減と普天間飛行場の辺野古移設撤回を求める全会一致の決議をしたとのこと。

[続きを読む]



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。