テルヤ寛徳のブログ
照屋寛徳 社民党・衆議院議員 沖縄2区
プロフィール

照屋寛徳

Author:照屋寛徳
社民党・衆議院議員
沖縄2区



QRコード

QR



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



訪問者数 since2009.1.8



FC2ブログランキング

クリックをお願いいたします。

FC2Blog Ranking



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


具中物語 -その5-
 今では信じられないが、具志川中学校に飼育クラブなるものがあった。学校公認の飼育クラブだ。いつ頃から活動を始めたのか、いつ頃に消えてしまったのか全く知らない。
 飼育クラブは、鶏やうさぎを飼育し、鶏の卵を孵化させて、ひよこを育てていた。飼育クラブの活動目的も良く知らないし、飼育した鶏やうさぎがどうなったかも知らない。私は、正式な飼育クラブのメンバーではなかった。ところが、人気のあるクラブでありウーマクの友人も多かったので自主参加する事が多かった。人気の秘密は、孵卵器の温度調整の管理・監視を名目に飼育小屋に寝泊まりすることが黙認されていた。友人の栄野川隆もその一人。
 栄野川隆は、幼稚園から一緒で勉強も良く出来、成績を競うライバルでもあった。栄一から隆へ改名したので、未だに「エイボー、エイボー」と呼んだりする。彼は優秀だが、ガリ勉タイプではなかった。飼育小屋は鶏を飼っているので、トイヌクスー(鶏の糞)が散らかり、蚊や蝿も多く清潔とは程遠い環境にあった。ある日、栄野川隆が学校を休んでいる事を知った。聞けば疑似脳膜炎を発症し入院したという。原因は明白だ、飼育小屋への出入り・寝泊まりで感染、発症したのである。幸いにも重症には至らず全快した。彼は、沖縄工業高校に進学し、定年まで沖縄電力に勤め、現在は悠々自適の生活を送っている。80歳をはるかに超えた母親も元気だ。インテリばあさんである。
 昨日、母親を訪ねて ンカシ バナシー(昔の話)を楽しんだ。亡くなった私の母マカト、亡父寛栄のエピソードを聞くことができた。
 飼育クラブで忘れられないのは、飼育小屋に寝泊まりした悪友のSとIにラブレターの代筆を頼まれたことである。代筆の報酬は5セント(米ドル)のコーラ1本である。二人のラブレターを代筆し、一方に届けにも行った。結果、二人の恋は実らなかった。代筆した私の文章表現がまずかったのではないかと、一時は悩んだものだ。

2月8日 15時50分

runking.gif
↑↑このブログを多くの皆さんに知ってもらうためにもクリックをお願いします。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://terukan.blog44.fc2.com/tb.php/100-b6b7c912



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。