テルヤ寛徳のブログ
照屋寛徳 社民党・衆議院議員 沖縄2区
プロフィール

照屋寛徳

Author:照屋寛徳
社民党・衆議院議員
沖縄2区



QRコード

QR



カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



訪問者数 since2009.1.8



FC2ブログランキング

クリックをお願いいたします。

FC2Blog Ranking



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「アリバイ作り」か?「卒業旅行」か?総理と田中大臣の来県
 いよいよ、全国どころか日米両政府が注目する宜野湾市長選挙の投開票が明日に迫った。

 今日(11日)も早朝からイハ洋一候補の街頭演説に出かけ、先ほど山内徳信議員と弁士を交替してきたところである。また、16時から打ち上げ式と最後の訴えで市内を街頭遊説する予定だ。

 復帰40年の節目の年頭で行われるこの宜野湾市長選挙は、沖縄の「現代史の分岐点」となる大事な選挙である。「世界一危険」な普天間飛行場を押し付けられ、軍用機の墜落の恐怖と殺人的爆音に苦しめられている宜野湾市長選挙は、イハ洋一候補の当選で、日米両政府の差別と犠牲を強いる政治に「ノー」の審判を下すものと信じている。

 さて、地元二紙は、野田総理が「今月下旬にも来県する」と報じている。実現すれば、総理就任後初の来県である。

 田中防衛大臣も、今月の17・18日に再度来県し、仲井真知事と会談する見込みと報じている。

 私は、野田総理や田中防衛大臣が来県するのは勝手だが、全く期待もしないし、歓迎できない。恐らく、沖縄の現実に真剣に向き合い、沖縄の諸問題解決に取り組んでいる、とのアリバイ作りのためであろう。

 あるいは、田中防衛大臣には、大臣としての資質が国会審議で厳しく追及され、近いうちに問責辞任へ追い込まれることは必至である。

 野田総理も遅かれ早かれ、もうすぐに解散総選挙に追い込まれるだろう。いや、追い込まねばならない。そうすると、野田総理も田中防衛大臣も「卒業旅行」にOKINAWAを選んだのかもしれない。

2月16日 12時30分

為書き
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://terukan.blog44.fc2.com/tb.php/1009-6927156a



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。