テルヤ寛徳のブログ
照屋寛徳 社民党・衆議院議員 沖縄2区
プロフィール

照屋寛徳

Author:照屋寛徳
社民党・衆議院議員
沖縄2区



QRコード

QR



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



訪問者数 since2009.1.8



FC2ブログランキング

クリックをお願いいたします。

FC2Blog Ranking



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


イハ洋一氏、敗れる。だが、県内移設はムリ。
 2月12日投開票で、社民、共産、社大が支持した元市長のイハ洋一氏が敗れた。残念だ。悔しいが、結果を市民の厳粛な審判として受け止めたい。

P2130073.jpg
今朝(2月13日)の地元二紙

 安里猛前市長の病気辞任に伴う短期決戦であったが、27年ぶりに「革新」から「保守」へ市政奪還された。有権者が投票行動の一票に込める思いは複雑多岐であり、選挙態勢の在り方、選対全体としての政策訴えの在り方など、今後、冷静に「敗因」を分析しなければいけない。

 「世界一危険」な米軍普天間飛行場を抱える宜野湾市長選挙は、全国から注目された。イハ洋一氏が掲げた「県内移設」反対、即時閉鎖・返還と「県外・国外」への移設要求は、今回の選挙結果をもってしても、市民、県民の強い意思として変わらないだろう。

 野田政権が選挙結果を受けて、「普天間飛行場の辺野古移設がやり易くなった」と思ったら大間違いである。追って、詳細な総括と敗因分析、今後の闘いの展望を書くことにする。

 今は、このブログを読んで下さっているイハ洋一支持、応援者に心から感謝を申し上げたい。

2012年2月13日 9時00分

runking.gif
↑↑このブログを多くの皆さんに知ってもらうためにもクリックをお願いします。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://terukan.blog44.fc2.com/tb.php/1010-e03a4338



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。