テルヤ寛徳のブログ
照屋寛徳 社民党・衆議院議員 沖縄2区
プロフィール

照屋寛徳

Author:照屋寛徳
社民党・衆議院議員
沖縄2区



QRコード

QR



カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



訪問者数 since2009.1.8



FC2ブログランキング

クリックをお願いいたします。

FC2Blog Ranking



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


知事意見で辺野古移設は一層「不可能」-アセス評価書の科学性を否定-
 昨日(20日)、米軍普天間飛行場の辺野古移設に関する環境影響評価(アセスメント)の評価書に対する仲井真知事の意見書が真部沖縄防衛局長宛に提出された。
 今日の朝刊各紙は、地元紙、中央紙のほとんどが知事意見に関する記事を掲載している。

P2210073.jpg
今朝(2月21日付)の地元紙コピーと知事意見書の写し

 私も早速、知事意見書全文を取り寄せて読んでみた。もちろん、中央紙も目を通した。

 防衛省は評価書で、辺野古移設について「環境保全上、特段の支障は生じない」とするが、知事意見では防衛省が示す環境保全措置では「事業実施区域周辺域の生活環境及び自然環境の保全を図ることは不可能」との見解を示している。
 沖縄県環境生活部長も、防衛省作成の評価書を「科学的データに基づいて予測しないと、(防衛省から)環境保全上、問題ないと言われても理解しがたい」と記者会見で批判している。
 
 知事意見では、25分野175件にわたる不適切事項を指摘しており、評価書の科学性を真っ向から否定し、欠陥、不備、違法性を帯びたアセスであることを浮き彫りにしている。
 桜井国俊(沖縄大学教授)は「これほど厳しい知事意見は、日本のアセス史上初めてのこと」と論評している(2月21日付・琉球新報)

 私は、昨日の知事意見を高く評価する。沖縄県環境影響評価審査会の宮城邦治会長も知事意見を評価したうえで「知事が審査会や県民の声に背を向け、辺野古移設を認めることはあり得ない」(2月21日付・沖縄タイムス)と論評しており、普天間飛行場の辺野古移設は一層「不可能」に追い込まれた。
 政府は、知事意見をストレートにアメリカ政府にぶっつけて、辺野古移設断念、普天間基地の一刻も早い閉鎖・返還を求めるべきだ。

 知事意見に対し、田中防衛大臣は「環境影響評価に理解を求めていく」と相変わらずの頓珍漢なコメントを発している。
 私は、そもそも防衛省は、制度としてのアセスメントを守る意思など持ち合わせておらず、知事意見へのアリバイ的な補正のみでアセスメント手続きを終了させるものと予測する。したがって、追及の手をゆるめてはいけないし、国会内外でしっかり監視していくつもりだ。

 なお、知事意見は前文で「県としては、地元の理解が得られない移設案を実現することは事実上不可能であり、日本国内の他の地域への移設が、合理的かつ早期に課題を解決できる方策である」と考える旨、表明している。
 仲井真知事の仰せのとおりだ。それが、県民の意思でもある。

2月21日 15時30分


runking.gif
↑↑このブログを多くの皆さんに知ってもらうためにもクリックをお願いします。

 
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://terukan.blog44.fc2.com/tb.php/1017-e3fbfc50



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。