テルヤ寛徳のブログ
照屋寛徳 社民党・衆議院議員 沖縄2区
プロフィール

照屋寛徳

Author:照屋寛徳
社民党・衆議院議員
沖縄2区



QRコード

QR



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



訪問者数 since2009.1.8



FC2ブログランキング

クリックをお願いいたします。

FC2Blog Ranking



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


小さいから群れるのではない、群れるから小さくなる
 2月24日、25日の両日、社会民主党第13回定期全国大会が開かれている。
 今日は、午前9時から定期大会前の会議があり、午後からは本大会となった。常任幹事(執行部)として長時間壇上に座っているので、お尻が痛くなるほどだ。

P2240079.jpg
2月24日午後、日本教育会館ホール

 党大会は、現在進行中なので詳細は書けない。

 党大会には、輿石幹事長(民主党)亀井代表(国民新党)古賀会長(連合)評論家の佐高信氏などの参加をいただいた。

 表題の言葉は、評論家の来賓あいさつの中で、故竹中労氏の言葉として紹介された。「小さい」と言ったのか、「弱い」と言ったのか、確かではない。「小さい」「弱い」どっちであれ、今の社民党に対する佐高氏ならではの、辛辣かつ温かい激励である。

 今日の5人の来賓あいさつの中で一番心を打たれた。まさにそうだ。「群れるから小さくなる」のだ。衆参10人の国会議員を含め、地方議員、全党員が心しなければならない。

 佐高氏は、小さい政党になったからこそ社民党は守勢ではなく、攻勢に出なければいけない、大向こうを張るのではなく、小向こうを張れ、竹中平蔵の証人喚問を提起せよ、などとも仰った。全く異議がない。それが実践できないから困ったものだ。

 佐高氏は、党運営に関し、(1)福島党首は衆議院に移れ(2)阿部議員を幹事長に登用するくらいの度量をもって当たれ、とも忠言した。


2月24日 18時

runking.gif
↑↑このブログを多くの皆さんに知ってもらうためにもクリックをお願いします。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://terukan.blog44.fc2.com/tb.php/1019-f492a9d1



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。