テルヤ寛徳のブログ
照屋寛徳 社民党・衆議院議員 沖縄2区
プロフィール

照屋寛徳

Author:照屋寛徳
社民党・衆議院議員
沖縄2区



QRコード

QR



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



訪問者数 since2009.1.8



FC2ブログランキング

クリックをお願いいたします。

FC2Blog Ranking



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「会ってないノダ!」-2・25極秘会談-
 与野党の駆け引きは衆院解散・総選挙含みの「3月政局」に突入した。(3月2日付毎日新聞)
 
 昨日からマスコミは2月25日の野田総理と自民党谷垣総裁の極秘会談の話題で盛り上がっている。

 昨日は総理も谷垣総裁も「会ってません」「会ったという事実は一切ない」と全面否定している。当事者が全面否定するのが、「極秘会談」である。だが、「火のない所に煙は立たず」が世間の常識で、特に政界に関する限り、「煙」をキャッチするマスコミ網はすごいと考えるべきだ。

 極秘会談では、「消費税率引き上げ関連法案の成否と衆院解散・総選挙の時期が最大の焦点となったとみられる」(読売新聞)が、まあ極秘会談の時期に照らすと、そのように考えるのが順当な判断であろう。
そのうえで、会談での野田総理と谷垣総裁と思惑について、「首相、自民と連帯で小沢封じ」「谷垣氏、総裁選控え解散急ぐ」(3月2日読売新聞)

 「首相は消費増税優先」「谷垣氏は解散前提」(3月2日毎日新聞)などとの報道で見る限り、極秘会談当事者の思惑は交錯し、複雑のようだ。

 今朝のわが党国対役党会でもすこし話題になったが、しょせん衆参10人の社民党に政局の動向を左右する力はない。一喜一憂せず、注視しつつも、「常在戦場」の心構えで頑張るしかない。

 野田総理も谷垣総裁も消費税大増税論者である。二人が密会し合意しようが、私は消費税増税には反対する。

3月2日11時
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://terukan.blog44.fc2.com/tb.php/1025-413aa31b



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。