テルヤ寛徳のブログ
照屋寛徳 社民党・衆議院議員 沖縄2区
プロフィール

照屋寛徳

Author:照屋寛徳
社民党・衆議院議員
沖縄2区



QRコード

QR



カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



訪問者数 since2009.1.8



FC2ブログランキング

クリックをお願いいたします。

FC2Blog Ranking



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ユンタク?(おしゃべり?)、それとも〝密談〟
 野田内閣の閣僚(大臣)の沖縄詣でが続いている。

 去る3月23日、24日の両日、玄葉外務大臣が就任後3度目の来県をした。

 私は、総理や大臣らの沖縄詣では、普天間飛行場の辺野古移設を実現するための「沖縄懐柔策」と見る。表向き沖縄の現状視察と沖縄に向き合う姿勢の表明と言うが、誰一人として沖縄の真実を見、ウチナーンチュの思いを理解しようとする真剣さは全くない。

 あるのは、政権の維持と沖縄への差別の強要である。さて、今日(3月25日)の琉球新報朝刊に、宮城征彦記者が署名入りで、野田内閣の大臣らの沖縄詣での背景や意図についての記事を書いている。
 その分析、評論記事の内容を評価する。私の思いとも一致する。是非、ご一読を!

 記事の見出しは、「相次ぐ閣僚来県」「県民不在で〝密談〟重ね」「知事の翻意狙う」となっている。もう、見出しを読んだだけで、記事の内容も「沖縄詣で」の狙いも全て暴いている。

 今や「沖縄詣で」は「仲井真詣で」に変質した。しかも、大臣らは来県の度に非公式に知事と会食を重ねている。会食はごく少人数で、しかもマスコミをシャットアウトし、それこそ〝密談〟だ。会談内容も「中身は申し上げない」(岡田副総理)。「内々の話をした」(玄葉大臣)。「ただのユンタク」(仲井真知事)と県民をバカにしている。
 知事も、「ただのユンタク」をする程暇人かと怒鳴りつけたい。

 県民は、知事が大臣らと「ただのユンタク」を重ね、非公式会談という名の〝密談〟を重ねているうちに、政権の術中にまんまと嵌まり、公約や信念を曲げ、民意を裏切り、普天間飛行場の辺野古移設実現に転ずる事を心底心配しているのだ。

 大丈夫でしょうなー?仲井真知事よ。

 〝密談〟で会食し、おいしいご馳走を食べ、「ユンタク」ばかりしていたら、口が歪むとウチナーの先人はおっしゃっていますよ・・・。くれぐれも気をつけてよ。大臣らの欺ましのテクニックにはまらないように。

 3月25日 12時00分
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://terukan.blog44.fc2.com/tb.php/1045-bf7c8f9c



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。