テルヤ寛徳のブログ
照屋寛徳 社民党・衆議院議員 沖縄2区
プロフィール

照屋寛徳

Author:照屋寛徳
社民党・衆議院議員
沖縄2区



QRコード

QR



カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



訪問者数 since2009.1.8



FC2ブログランキング

クリックをお願いいたします。

FC2Blog Ranking



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


芸能生活55年の涙―知名定男引退の波紋―
 昨日のブログに「知名定男さん歌手引退表明」と題して書いた。昨日の私のブログに予想以上のアクセスがあり、反響の大きさを知った。
 沖縄の戦後史と個人史を重ねて生き、戦後沖縄の島唄界の第一人者の現役引退にリサイタルでの演奏中に本人も落涙し、大勢の観客も茫然としつつも、涙を流し、拍手で送った。

 昨日のブログで定男の引退表明を舞台そでにて聞いたと書いた。
 実は、その日、浜田京介中城村長の2期目へ向けた事務所開きでの激励挨拶があり、リサイタル実行委員長として開幕の挨拶を述べ、定男の口上と「かじゃでぃ風」の舞いを観て会場を出た。
 定男の現役最後の情け歌をじっくり聞こうと思っていたが、かなわなかった。

 定男が12歳で「天才少年」と騒がれウチナーの島唄界に衝撃的デビューを果たした事は昨日も書いた。
 実は定男には、12歳で同時に始め、67歳の今日まで、55年間続けているのが二つある。
 一つは、三線(サンシン)であり、二つ目はタバコである。(公然の秘密)定男は、古酒も好きだが、愛煙家でもある。もちろん、愛妻家でもある。(友人としてのリップサービス?)
 
 毎年1月3日の夜、定男宅で定絃会の皆さん、弟子達、関係者が集まって新年会をやる。
 今年の新年会に定男に「そろそろ、父であり師である定繁先生を越えたと思うか」とたずねると、即座に「歳を重ねる毎に定繁の偉大さに気づく、とてもあの声は出せない」との返事だった。

 今日(3月27日)の沖縄タイムス「芸能・エンタメ」に玉城淳記者が「知名定男芸能生活55周年記念リサイタル」の一部始終を書いている。
 私の大好きな「南洋小唄」を歌っている途中に思うように声が出ずに中断し、最後の曲の「別れの煙」で定男の目に涙があふれた、とも書いている。
 私も客席にいたら大泣きしたであろう。

 定男よ、ウチナーの島唄とともに55年、ありがとう。
 これからは後輩の育成に励み、ウチナーンチュの魂である島唄の継承発展に努めてもらいたい。

 3月27日11時


螳夂塙縺輔s譁ー縺励>蜀咏悄_convert_20120327140037
地元二紙
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://terukan.blog44.fc2.com/tb.php/1047-84448ee1



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。