テルヤ寛徳のブログ
照屋寛徳 社民党・衆議院議員 沖縄2区
プロフィール

照屋寛徳

Author:照屋寛徳
社民党・衆議院議員
沖縄2区



QRコード

QR



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



訪問者数 since2009.1.8



FC2ブログランキング

クリックをお願いいたします。

FC2Blog Ranking



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


PAC3配備「無意味」、ミサイル防衛「無意味な玩具」
 私は、一般的な防衛問題(いわゆる軍事論)については、田中防衛大臣と同じくらいに素人である。ただ、沖縄の米軍基地問題や沖縄をめぐる日米戦略の動向については、田中防衛大臣以上に関心も強く、詳しく知っているつもりである。

 北朝鮮の「人工衛星打ち上げ」予告を契機に、沖縄本島、石垣島、宮古島に物々しく、しかも大々的にPAC3が配備されている。PAC3とは、地対空誘導弾パトリオットのことである。
 去る4月6日、石垣市へ行った折、PAC3の配備現場近くまで行ったが、厳重な警備でそれ以上近づけなかった。過剰警備のあり様で、市民の憩いの広場が奪われ、PAC3に「占拠」された状態だった。

 北朝鮮の「人工衛星打ち上げ」予告に対するSM3(海上配備型迎撃ミサイル)搭載のイージス艦やPAC3の配備については、国民の間に様々な意見があろう。
 私は、北朝鮮に対しては、第一義的に「打ち上げ」自制を求める外交的解決に向けた努力が大事で、次善の策として経済制裁を強化すべき、との立場である。「万が一の場合に備える」との口実で、PAC3配備やミサイル防衛システムの強化、特に「南西諸島防衛」の名目で自衛隊の沖縄展開に利用することには反対である。

P4090112.jpg
4月9日付・沖縄タイムス

 今日(4月9日)の沖縄タイムス(朝刊)には、PAC3配備やミサイル防衛問題について、専門家お二人の評論記事が掲載されている。
 
 一つは、元内閣官房副長官補の柳沢協二氏の解説記事(沖縄タイムス・阿部岳記者によるインタビュー取材)である。防衛省出身の柳沢氏は、2004年から2009年まで安全保障・危機管理担当の官房副長官補を務めている。私も何度か直接お会いし、話を伺ったことがある。
 柳沢氏は、今回のPAC3配備について「軍事的な意味はない。展開の訓練と、先島進出に向けた地ならしが目的だ」と明快だ。やっぱりなー、と納得する。
 柳沢氏によると、PAC3の射程距離は半径約20キロ。今回、予想される軌道から約300キロ東に外れた沖縄本島、宮古島、石垣島に配備をしても「PAC3は届かないし、北朝鮮の技術の進歩を考えれば、破片が落下する可能性は2009年よりさらに低い」という。柳沢氏は、2009年の発射時ですら「破片が日本に落下する可能性を検討した結果、ほぼゼロだと考えていた」そうだ。それでも鳴り物入りでPAC3を導入した防衛省は、秋田、岩手に配備した。

 二つ目の評論は、元外交官の孫崎享氏である。孫崎氏にも、何度も直接お会いして、話も聞いている。
 孫崎氏は、今日の沖縄タイムス「日米同盟再考」の連載記事で、ミサイル防衛について「結論的にいうと、ミサイル防衛は機能しない」「ミサイル防衛は単なる戦争ごっこの玩具である。それも全く性能が悪くて、ほとんど意味をなさない玩具である」と厳しく批判している。
 孫崎氏は「ミサイル防衛が有効に機能するのは敵の攻撃目標が明確なときである。一番は米軍基地である。自衛隊基地である」と断言する。

 要するに、ミサイル防衛システムは米軍基地や自衛隊基地を守るためであって、国民を守るには無意味、戦争ごっこのオモチャにすぎないのだ。にもかかわらず、政府は巨額のお金を投じて国民の不安を煽り、それに中央マスコミも同調して過剰報道している。
 4月9日付・沖縄タイムス(朝刊)のご一読を大いに薦めたい。

4月9日 18時
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://terukan.blog44.fc2.com/tb.php/1058-4fa70c38



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。