テルヤ寛徳のブログ
照屋寛徳 社民党・衆議院議員 沖縄2区
プロフィール

照屋寛徳

Author:照屋寛徳
社民党・衆議院議員
沖縄2区



QRコード

QR



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



訪問者数 since2009.1.8



FC2ブログランキング

クリックをお願いいたします。

FC2Blog Ranking



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


内閣支持率低下、野党は党首会談拒否
 4月10日付・読売新聞(朝刊)によると、同社が4月6日~8日にかけて実施した全国世論調査(電話方式)で、野田内閣の支持率は28%、前回3月調査の35%から7ポイント下がっている。逆に不支持率は前回の52%から59%へと7ポイント上昇した。
 まあ、支持率に一喜一憂してもしようがないが、政権担当者にとっては気になることだろう。

P4100110.jpg
4月10日付・読売新聞(朝刊)

 読売新聞の世論調査によると、野田内閣が先に国会に提出した消費増税法案に「賛成」は35%、「反対」は57%である。
 
 その消費増税法案の審議入りの目途もまったく立たない先行き不透明な状態で、後半国会は依然として「足踏み」状態のままである。
 民主党は、この状態を打開すべく、野党各党に党首会談を呼かけたが、一部の野党を除き拒否され、見送った。

 実は、明日(4月11日)には、国会で党首討論がある。
 党首討論は国民にオープンな形で行われるが、党首会談は、いわば「密室」での話し合いだ。
 残念なのは、党首討論には衆参いずれかに10人以上の議員を擁する政党の党首しか参加できないことだ。もちろん、我が社民党は党首討論への参加資格がない。

 一方で、「一票の格差」是正を含む衆議院選挙制度改革の与野党協議も一向に進まない。

 ところで、自民党は昨日、次期衆議院選挙公約(マニフェスト)原案を発表した。自民党マニフェスト原案では、消費税率を10%に引き上げる、憲法を改正して「自衛権」を明記し、自衛隊を「自衛軍」とする、などとしている。
 政権交代時のマニフェスト重要政策を放り投げる野田政権も困りものだが、自民党政権の復活も許してはいけない。
 ここは、小さい政党でありながらも社民党が頑張るしかない。社会民主主義の理念を生かし、真に弱者の命と生活を守るための政治実現が望まれている。

4月10日 11時30分


 
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://terukan.blog44.fc2.com/tb.php/1059-26e96563



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。