テルヤ寛徳のブログ
照屋寛徳 社民党・衆議院議員 沖縄2区
プロフィール

照屋寛徳

Author:照屋寛徳
社民党・衆議院議員
沖縄2区



QRコード

QR



カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



訪問者数 since2009.1.8



FC2ブログランキング

クリックをお願いいたします。

FC2Blog Ranking



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


オスプレイ墜落、米兵2人死亡、2人重傷 -普天間配備と同型機-
 今朝(4月12日)、党本部での定例常任幹事会に出席し、議員居室で朝刊各紙に目を通していると、塚田秘書が携帯メールでキャッチした「緊急速報」を伝えてきた。
 なんと「黒い怪鳥」「未亡人製造機」オスプレイがモロッコで訓練中に墜落し、米兵2人が死んだらしい、とのニュースであった。

 詳しい情報を待っていると、時事通信、共同通信の順にネット速報が入ってきた。

 時事通信によると、アフリカの北部モロッコで4月11日、訓練中の米海兵隊MV22オスプレイが墜落し、米兵2人が死亡、2人が重傷を負ったという。しかも、墜落したオスプレイは、今年9月末までに普天間基地に配備予定のオスプレイと同型機というではないか。
 恐ろしいね。やっぱりオスプレイは欠陥機であり、普天間基地への配備を断じて許してはならない。

 私は、欠陥飛行場に欠陥機オスプレイの配備を許すと、宜野湾市民はじめ多くの周辺住民が墜落の恐怖にさいなまれることになると、再三ブログにも書いてきた。
 現段階で、モロッコのオスプレイ墜落事故の原因は不明だが、沖縄におけるオスプレイ配備反対の闘いをさらに大きく、強くしなければいけないと思っている。

 実は、昨日から風邪で頭重感、激しい咳に苦しめられているが、オスプレイ墜落事故のニュースで風邪も半分ふっ飛んだような、頭重感が増したような、異様な心身状態になっている。

4月12日 12時
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://terukan.blog44.fc2.com/tb.php/1061-147426be



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。