テルヤ寛徳のブログ
照屋寛徳 社民党・衆議院議員 沖縄2区
プロフィール

照屋寛徳

Author:照屋寛徳
社民党・衆議院議員
沖縄2区



QRコード

QR



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



訪問者数 since2009.1.8



FC2ブログランキング

クリックをお願いいたします。

FC2Blog Ranking



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


笑っちゃうくらい、ただただ、あきれる
 昨日の小泉元総理の発言で、政界に激震が走っている。とりわけ、自民党界隈で震度が強いようだ。激震の原因になった発言は、2月12日夕方の自民党本部で開かれた議員連盟「郵政民営化を堅持し推進する集い」の役員会であった。
 テレビや新聞報道によると、小泉元総理は、麻生総理の郵政民営化見直し発言について「最近の総理の発言について、怒るというより笑っちゃうくらい、ただただ、あきれている」と激怒し、麻生政権を批判している。
 小泉元総理は、麻生総理や執行部が、執行部に批判的な意見を述べる者に「後から鉄砲撃つな」と押さえ込むが、麻生総理こそは「前から鉄砲撃っている」とも語っている。まことに言い得て妙なるかな。定額給付金が盛り込まれた第2次補正予算関連法案についても「3分の2を使ってでも成立させなければならないとは思ってない」と言い切っている。
 小泉元総理は郵政民営化の生みの親だ。郵政民営化見直しを言い、郵政民営化に「反対だった」「内閣の一員として賛成した」「4分社化は国民の誰も知ってなかった」「総務大臣だが担当大臣ではなかった」等と発言自体がブレまくる麻生総理に「政治に一番大事なのは信頼感だ。特に総理。総理の発言を信じられなければ、選挙は戦えない」と一喝する。
 小泉元総理の発言は、政界に激震が走り、自民党に大きな亀裂をもたらすものと予測される。単なる政権批判に終わるのか、それとも麻生総理への造反、自民党分裂へと進むのかが注目される。小泉元総理は、政界からの引退を表明しているとはいえ、小泉チルドレンを中心に信奉者も多い。私の選挙で戦う相手も小泉チルドレンの一人である。
 麻生総理が小泉元総理を名指しして「常識の通じない男」「奇人変人」と予算委員会で言ったことについて、「私は自分では常識をわきまえた普通の人だと思っている」と語っているのには、思わず苦笑した。

10時7分


runking.gif
↑↑このブログを多くの皆さんに知ってもらうためにもクリックをお願いします。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://terukan.blog44.fc2.com/tb.php/107-1b78a811



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。