テルヤ寛徳のブログ
照屋寛徳 社民党・衆議院議員 沖縄2区
プロフィール

照屋寛徳

Author:照屋寛徳
社民党・衆議院議員
沖縄2区



QRコード

QR



カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



訪問者数 since2009.1.8



FC2ブログランキング

クリックをお願いいたします。

FC2Blog Ranking



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


瀬長亀次郎、未発表原稿見つかる
 政府と沖縄県共催の「沖縄復帰40周年式典」は終わったが、地元二紙では関連シンポジウムの記事や「復帰40年」を問う記事の掲載が続いている。

 今日(5月20日)の沖縄タイムス一面トップは「不屈の闘志」、米軍支配に抵抗し、労働運動、復帰運動、大衆運動の先頭で闘い、指導した故瀬長亀次郎氏の未発表原稿が次女の内村千尋さんによって発見された、と報じている。

P5200133.jpg

 瀬長亀次郎は、1947年に設立された沖縄人民党の設立メンバーであり、設立後の委員長だ。当時の沖縄の支配権力者であった米軍から様々な弾圧を受け、投獄され、那覇市長に当選するも布令でもって追放されている。沖縄初の国政選挙で衆議院議員に当選し、日本共産党の衆議院議員を9期つとめた。

 瀬長亀次郎氏は、生前に多くの著書や論文があり、1954年以降の日記も刊行されている。長女(瞳さん)次女(千尋さん)による本も出版されている。もちろん、研究者らによる論考も多数にのぼる。

 今日の沖縄タイムスには、未発表原稿の抄録も記事になっており、いずれ全文読みたくなるような興味深い
ものになっている。未発表原稿抄録から浮かび上がってくるのは、米軍権力者の弾圧に細い体いっぱいに怒りをみなぎらせて抵抗した姿である。同時に、闘いの現場で民衆が「カメジロー」を権力者から守ったことも活写されている。

 私も去る5月12日付・沖縄タイムスに瀬長瞳著「カメジローの遺言」の書評を寄せた。

 瀬長氏は、膨大な資料を残しており、今年の12月には資料館「不屈館―瀬長亀次郎と民衆資料」もオープン予定とのこと。
 主義主張を越えて、瀬長亀次郎が戦後沖縄を代表する不屈の政治家、闘志であることは間違いない。沖縄の戦後史を伝える資料館のオープンが待ち遠しい。

5月20日
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://terukan.blog44.fc2.com/tb.php/1094-0335e5d1



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。