テルヤ寛徳のブログ
照屋寛徳 社民党・衆議院議員 沖縄2区
プロフィール

照屋寛徳

Author:照屋寛徳
社民党・衆議院議員
沖縄2区



QRコード

QR



カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



訪問者数 since2009.1.8



FC2ブログランキング

クリックをお願いいたします。

FC2Blog Ranking



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


野田政権、後期高齢者医療制度の見直し先送りか!
わが国は、他の先進国がかつて経験した事のないスピードで高齢化が進んでおり、文字通り「高齢社会」の到来である。

 政権交代選挙となった2009年の解散総選挙で民主党は、悪名高き、年齢差別の「後期高齢者医療制度を廃止する」とマニフェストで公約していた。
 私達、社民党も同様の公約をマニフェストに書いた。

P5220132.jpg

 さて、衆議院の「社会保障と税の一体改革に関する特別委員会」では、昨日から野党の追及が始まった。昨日の「特別委」における議論の一部始終を聞いたわけではないが、今日の朝刊各紙によると、野田総理が後期高齢者医療制度見直しの先送りに言及したようである。記事を読んで「アキサミヨー」と唸った。

 野田総理は、自民党議員から方針転換を求められ、見直し法案の今国会提出にこだわらない姿勢を表明したようだ。
 新聞各紙は、ねじれ国会の中で消費税増税法案を成立させるために、後期高齢者医療制度廃止は、妥協の余地のある“のりしろ”部分であると解説する。

 野田総理、民主党政権よ、消費税増税の実現のためには、ここまで妥協するのか、マニフェストはどこに消えたのか、と怒り心頭である。

 ウチナーのお年寄りよ、全国の高齢者と怒れ、もっともっと怒れ!お年寄りを大事にしない政治を許すな。
 沖縄には、「ウトスイ ヤ タカラ」(お年寄りは宝)という言葉もある。

    5月22日 10時
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://terukan.blog44.fc2.com/tb.php/1096-213d5653



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。