テルヤ寛徳のブログ
照屋寛徳 社民党・衆議院議員 沖縄2区
プロフィール

照屋寛徳

Author:照屋寛徳
社民党・衆議院議員
沖縄2区



QRコード

QR



カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



訪問者数 since2009.1.8



FC2ブログランキング

クリックをお願いいたします。

FC2Blog Ranking



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


オスプレイ墜落原因「人為的ミス」の謎???
 来月にも普天間基地に配備されようとしている欠陥機MV22オスプレイ。今朝の地元二紙によると、そのオスプレイが4月にモロッコで墜落した原因について、米政府が「人為的ミス」だった、と日本政府に非公式に伝えてきたようだ。

P6030135.jpg


 オスプレイは研究・開発段階から「構造的欠陥」が専門家から指摘され、実戦配備後も墜落事故を繰り返している。おそらく、米側は「構造的欠陥」はなく、パイロットの操縦の不手際による「人為的ミス」だと言いたいのだろう。

 だが、専門家は、オスプレイは「人為的ミス」による墜落事故を複数回起こしており、オスプレイ自体が「人為的ミス」を誘発しやすい機体なのかもしれない。「人為的ミス」が起きた時、機体にそのミスを是正する機能が備わってないことを逆に示している。そのこと自体が重大問題だ、と指摘する。
 なるほど、なるほどと納得する一方で、それが故に不安は増大し、普天間基地への配備を急ぎ、それを追認する政府の態度に強い怒りを覚える。ワジワジーする。

 別の航空専門家は、航空機墜落事故調査は「最低でも半年から一年はかかり、二ヶ月では足りない」と指摘する。そうだろうよ。

 私は、たとえ「人為的ミス」であったとしても、操縦ミスを補正できず、安全性が担保されない欠陥機が普天間飛行場に配備され、市街地で飛行訓練を続け、沖縄本島北部地域まで飛び交うことに断固反対する。
 日米両政府が、今回の墜落原因を「人為的ミス」と発表することで、沖縄における配備反対の怒りが沈静化するとでも思っているなら早計の至り、大いなる誤算に終わるだろう。

 政局も、野田総理が問責二大臣を更迭するための内閣改造に踏み切り、いよいよ消費税増税法案成立へ向けて自民党を懐柔する作戦に出るようだ。その布石として今日中にも小沢元代表と再会談し、「小沢切り」で党内の消費税反対派を切り捨てるつもりらしい、と朝刊各紙は報じている。

 内閣崩壊直前の内閣改造なんて、つい一年前に目の当たりにしたばかりの「政変劇」の再演でしかない。
 これまた、オスプレイ墜落事故原因と同様に「人為的ミス」なのか。だが、国の政治は「人為的ミス」では済まされない。

6月2日


スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://terukan.blog44.fc2.com/tb.php/1106-8d7d72dd



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。