テルヤ寛徳のブログ
照屋寛徳 社民党・衆議院議員 沖縄2区
プロフィール

照屋寛徳

Author:照屋寛徳
社民党・衆議院議員
沖縄2区



QRコード

QR



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



訪問者数 since2009.1.8



FC2ブログランキング

クリックをお願いいたします。

FC2Blog Ranking



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


米海兵隊の示談の強要と非常識
 違法・不法行為における損害賠償金の支払いは、被害者の請求に基づき、加害者がその非を認め、被害者に謝罪し、当事者双方の納得のうえ、示談が成立し支払われるのが通常である。

 今日の琉球新報朝刊によると、去る2月21日金武町金武の路上や専門学校の学生寮駐車場等3か所で発生した器物損壊事件で、在沖米海兵隊の法務部職員が、県警金武交番に被害生徒と職員を呼び出し、示談書を示し、金銭を渡し、「これ以上、損害賠償請求をしない」とのサインを強要していた、と報じている。

P6080132.jpg
6月8日付・琉球新報

 
 米海兵隊が被害者らを交番に呼び出し、交番を示談場所に使ったこと、被害者の要求に基づかずに一方的に損害賠償額を決めたこと、示談書と領収書にサインを求めた事など極めて異例で非常識極まりないやり方だ。私も、40年間弁護士をやっているが、このような示談のやり方は聞いた事もない。

 報道によると、以前から交番が示談場所として米軍によって利用されていたらしい。とんでもない事だ。
 県警は、交番使用に「問題はない」とコメントするが、このコメントも非常識だ。交番という権力の場を使って有無を言わさずに示談をする事が許されるはずがない。被害者に心理的圧迫を加え、示談を強要する。その場所として県警の交番が利用される事が正常であるはずかない。

 被害者や専門学校の関係者が怒り、沖縄防衛局に怒りの声を挙げるのは当然だ。
 県警は、米軍に強く抗議すべきだ。

  6月8日 17時
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://terukan.blog44.fc2.com/tb.php/1111-3d8ed099



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。