テルヤ寛徳のブログ
照屋寛徳 社民党・衆議院議員 沖縄2区
プロフィール

照屋寛徳

Author:照屋寛徳
社民党・衆議院議員
沖縄2区



QRコード

QR



カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



訪問者数 since2009.1.8



FC2ブログランキング

クリックをお願いいたします。

FC2Blog Ranking



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


県議選審判の結果は・・・。与野党の勢力はいかに
 注目の県議選は、きょう投開票される。
 
 私の方はと言えば、告示後は早朝から夜まで社民党公認・推薦候補を中心に、衆議院2区内の協力同志の応援に駆け回った。
 自分の選挙は、運動の展開の仕方など全て自己責任だが、応援する側に廻ると情勢(情報)に一喜一憂し、心労が絶えない。正直、自分の選挙以上に疲れる。

 さて、「争点なき県議選」とか「燃えない選挙戦」などと言われる今回の県議選である。どっこい、争点はいくつもあり、各選挙区とも少数激戦で陣営は必死に”燃えている”。おそらく最後の一瞬まで集票合戦が続くであろう。文字通り投票箱の閉まる最後の一瞬まで努力を尽くした陣営のみに勝利の女神はほほ笑みかけるのである。

 繰り返すが、今回の県議選は政策的にたくさんの争点がある。沖縄の県議選は国政とも直結している。ある意味、政権への評価、審判でもある。その点で、次期衆議院解散・総選挙とも関係してくる(もちろん、基本的には県政と国政選挙とは違うのだが・・・)

 きょう投開票される県議選挙は「復帰40周年の節目」における仲井真県政への評価、与野党勢力図がどうなるのか、注目される。
 社民党の躍進を祈ろう!

6月10日 11時
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://terukan.blog44.fc2.com/tb.php/1112-b9583a25



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。