テルヤ寛徳のブログ
照屋寛徳 社民党・衆議院議員 沖縄2区
プロフィール

照屋寛徳

Author:照屋寛徳
社民党・衆議院議員
沖縄2区



QRコード

QR



カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



訪問者数 since2009.1.8



FC2ブログランキング

クリックをお願いいたします。

FC2Blog Ranking



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


脚本のない「民主党分裂劇」がついに開幕
 小沢一郎民主党元代表のグループを中心に、衆議院議員38人、参議院議員12人の合計50人がついに離党届を提出し、民主党は分裂した。

 ちょうどその頃、地元沖縄の後援会事務所で、秘書や後援会職員(地元私設秘書)らとコンビニで買い求めた弁当を食べながら、民放テレビを観ていた。
 番組は、民主党衆議院議員4人が出演し、党に「残留」する、いや「離党」すると得意気に話している。

 12時33分頃、テレビのテロップに離党届提出の一報が流れた。そのとき、出演者の中の「残留」希望の一人が「離党届に署名したが、現実に提出するには委任状か本人による提出が必要だ」と述べたのには、正直苦笑した。
 「何だ、腰抜け!態度をはっきりせんか!」とテレビに向かって怒鳴ってしまった。

 テレビ番組の途中で那覇空港に向かい、13時55分のJAL便で上京した。
 羽田空港に到着後、会館に入り、ニュースを精査すると、態度を明確にし得ない「腰抜け」議員は、離党届名簿になかった。やっぱりなー。

 離党者は今後も増えるかもしれない。先に民主党を除名された新党きづなの9人、新党大地・真民主の3人と合流する者も出てくるかもしれない。

 さて、離党者らによる新党結成はいつか、かかる新党はいかなる理念と政策を掲げるのか?
 言行一致、沖縄選出の二人の衆議院議員は離党届を提出したが、今後沖縄の政局にどのような影響が出るのか?

 脚本のない「民主党分裂劇」のドラマは始まったばかりだ。

7月2日 18時
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://terukan.blog44.fc2.com/tb.php/1133-b65a8ae4



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。