テルヤ寛徳のブログ
照屋寛徳 社民党・衆議院議員 沖縄2区
プロフィール

照屋寛徳

Author:照屋寛徳
社民党・衆議院議員
沖縄2区



QRコード

QR



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



訪問者数 since2009.1.8



FC2ブログランキング

クリックをお願いいたします。

FC2Blog Ranking



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「展望なき」離党か、新党に「活路」か
 昨夜から今朝にかけて、テレビ・新聞を通し、脚本なき「民主党分裂劇」のドラマに見入っている。

 朝刊各紙の関連記事を読み漁っていると、民主党議員50人の離党は「展望なき」離党のままに終焉するのか、はたまた新党に「活路」を見出す展開になるのか、脚本がないだけによくわからない(理解できない)
 マスコミ報道が騒ぎ立てるように、離党議員にとって「去るも地獄、、残るも地獄」なのか、私などには知る由もない。

 ただ、私は今回離党した50人の造反議員の消費税増税反対には「造反有理」を認めている。昨日の小沢元代表の離党声明で明言こそしていないが、脱原発の政策選択にも共感する。その点では共闘、協力は可能だ。

 他方、脚本なき「民主党分裂劇」のドラマに目を奪われて、民自公による談合政治への怒り、マニフェスト(国民との約束)を一方的に、かつ、ことごとく反故にする民主党執行への強い怒りを忘れてはいけない。
 沖縄との関連では「欠陥機」オスプレイの強行配備姿勢にみられるように、民自公の沖縄差別と犠牲の強要も許せない。

 自公は、政権復帰や大連立(政界再編)を狙っての政局観に基づく、早期解散・総選挙を叫んでいるが、私は野田民主党政権の重大な公約違反に対して主権者たる国民の信を問うべし、との立場から早期の解散・総選挙を強く要求する。

 今のままでは、造反議員を離党に追いやった民主党執行部にも、民主党分裂にほくそ笑んでいる自公にも大義はない。
 民自公3党に一致しているのは、消費税大増税のみだ。年金・介護・医療等の社会保障、子育て支援など教育福祉関係の充実は、3党の理念・政策には全くない。

 民主党もダメ、自公はもっとダメだ。

7月3日 11時20分

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://terukan.blog44.fc2.com/tb.php/1134-dbec1d3c



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。