テルヤ寛徳のブログ
照屋寛徳 社民党・衆議院議員 沖縄2区
プロフィール

照屋寛徳

Author:照屋寛徳
社民党・衆議院議員
沖縄2区



QRコード

QR



カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



訪問者数 since2009.1.8



FC2ブログランキング

クリックをお願いいたします。

FC2Blog Ranking



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


明日(8月7日)にも野田内閣不信任案を提出
 先ほど15時30分から少数野党5党による国対委員長会談をおこなった。
 各党の国対委員長が、先週末から今日にかけての民主党・自民党・公明党の談合3党の動き等について情報を交換し、「明日(8月7日)に野田内閣不信任案を提出する」ことを確認した。
 そのうえで、この後18時から少数野党による幹事長会談を開き、提出のタイミング(時間)、提出にあたっての役割分担等を協議してもらうことになった。

 ネット上では、民主党が自民党に「参議院における消費税増税法案の採決を8月8日にする」と提示し、自民党は「解散時期の確約がない限り応じられない」と拒否する方針を決めた、旨のニュースが流れている。

 今夕にも野田総理と谷垣総裁の党首会談がおこなわれる、との情報もある。
 民主・自民の党首会談をやったとして、谷垣総裁は衆議院解散の確約を迫るであろう。はたして、野田総理が「伝家の宝刀」を抜く時期を確約するのだろうか。あるいは、裏取引で済ますのか。

 自民党が、少数野党とは別に内閣不信任案を提出するやにも伝わってくる。自民党の内閣不信任案と少数野党の内閣不信任案では、提出理由がまったく違う。
 自民党も単なるポーズで終わらせるのではなく、本気で野田内閣を追い込む気があるなら提出すればよい。

8月6日 17時20分

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://terukan.blog44.fc2.com/tb.php/1165-bee3d7d7



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。