テルヤ寛徳のブログ
照屋寛徳 社民党・衆議院議員 沖縄2区
プロフィール

照屋寛徳

Author:照屋寛徳
社民党・衆議院議員
沖縄2区



QRコード

QR



カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



訪問者数 since2009.1.8



FC2ブログランキング

クリックをお願いいたします。

FC2Blog Ranking



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「近い将来」→「近いうちに」解散・総選挙-「増税3兄弟」の談合-
 昨日(8月8日)は、社民党を含む中小野党5党も、朝から夜の10時過ぎまで断続的に国対委員長会談を開催のうえ、「消費税国会」最大のヤマ場を注視し、情報交換を怠りなくやった。
 その間、民主党が自民党に提案した「近い将来」国民の信を問う、との解散時期をめぐって、両党の攻防が展開された。

 最終的には、民自公の党首会談を経て、「近い将来」の解散が「近いうちに」解散となり、3党首が合意した。
 具体的には(1)社会保障・税の一体改革関連法案の早期成立を期す(2)同法案の成立後、近いうちに国民に信を問う、との3党首合意で決着した。

 これにより、「解散時期を確約しなければ、衆議院に内閣不信任決議案、参議院に問責決議案を出す」と息巻いていた自民党は、振り上げた拳を降ろした。

 さて、「近いうちに」解散とはいつか。早速、民主党、自民党内で論争状態になっている。
 「近いうちに」とは「9月8日までの今国会中」だとする自民党元閣僚ら、「年末から通常国会冒頭」だとする民主党幹部、常識的には「10月か11月頃の秋」とする訳知り顔の両党議員たちだ。
 
 「近いうちに」の解釈は、与野党違わず議員個々に異なる。
 まあ、衆議院は「常在戦場」「一寸先は闇」である。「近いうちに」がいつになってもいいよう心構えることにしよう。

 私は、昨夜(22時ごろ)の5党国対委員長の共同会見で、3党首の合意は「3党談合による国会審議を形骸化させ、民主主義を破壊し、消費税増税のためだけの党利党略の政治の象徴」だと批判した。
 民自公の3党は「増税3兄弟」だ。憲政の常道を破壊する党だ。

 衆議院は、今日の午後6時から私共が提出した野田内閣不信任決議案が採決される。
 たとえ、民自公3党の数の横暴で「否決」されようとも、国民の多くは私共の提案に「賛成」してもらえると信じている。

8月9日 11時20分

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://terukan.blog44.fc2.com/tb.php/1169-f041c6a4



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。