テルヤ寛徳のブログ
照屋寛徳 社民党・衆議院議員 沖縄2区
プロフィール

照屋寛徳

Author:照屋寛徳
社民党・衆議院議員
沖縄2区



QRコード

QR



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



訪問者数 since2009.1.8



FC2ブログランキング

クリックをお願いいたします。

FC2Blog Ranking



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


自民党の正体、中谷元氏の発言に怒り
 「だめだ」、とは思っていたが、やっぱり自民党はダメだ。

 中谷元氏は、衆議院議員で自民党政調会長代理・元防衛庁長官である。民主党・前原誠司政調会長と並ぶ日米安保マフィアの一人である。

 実は、昨日から、沖縄タイムスに「『政党に聞く』―オスプレイの対応―」というテーマで、同社東京支社・与那原良彦記者のインタビューによる連載が始まっている。9月9日の「オスプレイ配備反対県民大会」へ向けて、好タイムリーで、県民にとっては中央政党が沖縄へのオスプレイ配備についてどのような態度、対応を取っているのかを知ることができる重要な連載記事になっている。今日の沖縄タイムスに掲載された中谷元氏の発言に心底ワジワジーしている。

 中谷氏は、「オスプレイ配備の賛否について」問われて、「安全性を十分に検証し、国民に必要性を説明し、配備を行うべきだ」と答えている。また、「県民の不安を払拭するための取り組み」について聞かれて、「…地元の方々への説得と合意形成に地道な努力を続け、導入に理解をいただけるよう汗をかく」と答えている。

 沖縄の圧倒的民意が欠陥機オスプレイの配備に反対しているのに、何としても米海兵隊の言うがままの配備強行に向けて、ウチナーへ「説得と理解」を求め、「配備を行うべき」と主張する。最後に中谷氏は次のように述べて、沖縄県民への挑戦状を突き付けた。

 曰く、「普天間飛行場での運用は危険きわまりない。政権に就けば、一日でも早く辺野古に移転されるように努める。特に、名護市長に理解を得るため、次の市長選に向けた対応を進める。市長が容認したら、県の姿勢も変わるだろう。県連も国に応じた責任ある立場でやってくれるはずだ。」

 まさに、自民党の正体見たりだ。普天間飛行場の辺野古移設容認、辺野古新基地へのオスプレイ配備、極め付きの方針は稲嶺進市長に変わる容認派の市長擁立の意思表明だ。
 
 中谷氏よ、沖縄を甘く見るなよ! 民主党・野田政権も、自民党も、本質的に変わらない。ウチナーの怒りを結集しよう。

2012年9月3日 15時00分

runking.gif
↑↑このブログを多くの皆さんに知ってもらうためにクリックをお願いします。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://terukan.blog44.fc2.com/tb.php/1191-887631ec



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。