テルヤ寛徳のブログ
照屋寛徳 社民党・衆議院議員 沖縄2区
プロフィール

照屋寛徳

Author:照屋寛徳
社民党・衆議院議員
沖縄2区



QRコード

QR



カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



訪問者数 since2009.1.8



FC2ブログランキング

クリックをお願いいたします。

FC2Blog Ranking



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


国策捜査か?それとも・・・
 小沢一郎民主党代表の公設第一秘書で、同代表の政治資金管理団体「陸山会」の会計責任者である大久保隆規容疑者が逮捕された。容疑罪名は、政治資金規正法違反(収支報告書の虚偽記載)である。
 準大手ゼネコン「西松建設」が多額の裏金を作り、公共工事に関連してさまざまな政界、官僚への受注工作を繰り返していたことは明白である。現に、元社長らが外為法違反で逮捕・起訴されている。
 今回の小沢民主党代表の公設第一秘書逮捕が、永田町に衝撃的な波紋を広げていることは間違いない。政権交代を懸けた衆議院解散・総選挙を間近にして、野党第一党の代表秘書逮捕は、民主党にとって大きな打撃となろう。
 問題は、どうしてこの時期に逮捕という強制捜査なのか、ということだ。「西松建設」からの政治献金は、森元自民党総裁や複数の自民党閣僚経験者にも渡っている。今回の小沢民主党代表の秘書逮捕が、政権崩壊=政権交代に危機感を抱いた権力者による、いわゆる国策捜査であれば、絶対に許されない。
 一方で、「西松建設」は、竹下登、金丸信の時代から小沢一郎氏との繋がりを指摘されている。今回の事件が旧自民党的体質に根ざしたものであれば、「政治とカネ」の問題として犯罪の成否を問わず、国民の政治不信を招くことになろう。
 今回の小沢民主党代表の秘書逮捕事件で、政権崩壊寸前の麻生内閣や自民党国会議員は、内心喜んでいることだろう。だが、この一件で麻生内閣の失政が帳消しになるほど、国民は甘くないと思う。
 注目すべきは、逮捕された大久保秘書が「西松建設」からの献金が違法なものであることを認識していたのかどうかだ。もちろん、小沢民主党代表の政治資金管理団体「陸山会」への献金額が突出しており、同秘書とゼネコン各社との黒い関係を報道されている。小沢代表は、すみやかに説明責任を果たさねばならない。
 国策捜査だ、権力の陰謀だ、との批判は批判でいい。だが、国民が納得し得る透明性の高い説明がなければ、民主党そして小沢代表への責任追及は、激しさを増すばかりだ。公党代表としての責任の重さを自覚すべきである。

runking.gif
↑↑このブログを多くの皆さんに知ってもらうためにもクリックをお願いします。


スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://terukan.blog44.fc2.com/tb.php/127-6f59def2



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。