テルヤ寛徳のブログ
照屋寛徳 社民党・衆議院議員 沖縄2区
プロフィール

照屋寛徳

Author:照屋寛徳
社民党・衆議院議員
沖縄2区



QRコード

QR



カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



訪問者数 since2009.1.8



FC2ブログランキング

クリックをお願いいたします。

FC2Blog Ranking



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


小沢代表の検察批判の危うさ
 民主党小沢代表の政治資金管理団体である「陸山会」の事務所は、赤坂宿舎となりの豪華マンションの一室にある。その事が分かったのは一昨日、宿舎に戻る際に大勢のマスコミが押しかけている様子で知る事になった。数台のテレビ中継車、パトカーと交通整理の巡査が、粉雪の降る中を行き交い騒然とした状態だった。ちょうど議員会館を出る直前の6時のニュースで公設秘書逮捕の報道に接していた。
 さて、公設秘書逮捕から一夜明けての昨日の記者会見で、小沢代表は激しい検察批判を展開した。その前提として、小沢代表は「何らやましいことはない」と述べ、「必ず近いうちに嫌疑が晴れる」と語気を強めた。そうあって欲しい。何しろ、現段階で「総理にもっとも近い男」であり、野党第1党である。私は、小沢代表の弁明を信じたい。だからといって、小沢代表を特別に庇うつもりはない。その事は、はっきり断言しよう。
 小沢代表には、素直に弁明の“危うさ”を覚える。昨日の記者会見で、国民に対する十分な説明責任を果たしたといえるか、と問われると、要は国民が納得したかどうかにかかってくる。与野党の反応も「十分でない」「一応果たした」「国会で説明を」と分かれているようである。マスコミが拾った国民の反応も分かれている。逮捕された大久保容疑者が容疑を否認している段階で、「事実」を知らない立場で軽々にああだこうだと言うべきでないし、言えない。
 ただ、小沢代表が昨日の記者会見で述べた激しい検察批判には注目したい。衆議院の解散・総選挙が取り沙汰されているこのタイミングでの強制捜査の真意は何か。従来、政治資金規正法違反は、「裏献金」だけが問題にされていたのに、今回のような「表献金」が問題となり、立件されたのは何故か。金額にしても、従来「1億円」が基準だったのに「2100万円」で立件か、などなど疑問は尽きない。私の弁護士としての経験からも、警察・検察の証拠の乏しい見込み捜査、不公平捜査はあると断言する。それだけに、小沢代表の検察批判も分かる。
 一方で、全く確証がないのに検察が強制捜査に着手するとも思えない。最近よく耳にする「国策捜査」とは、「特捜検察が政治や世論に背を押されるかのように突き進んだ結果から生まれた歪んだ捜査の一形態」を指すらしい(『国策捜査』青木理)。民主党幹部からは、昨日の小沢代表の記者会見を受けて、「検察によって作られた国策捜査である」と息巻く者もおる。
 だが、待てよ、と言っておく。今朝の朝刊各紙の報道では、逮捕された大久保秘書が西松建設に請求書(献金の催促)を出していた事実、「陸山会」と小沢代表の政党支部への献金額の割り振りの指示、西松建設の担当者との協議の事実などもあった等となっている。(マスコミへの検察のリークかも知れないが・・・)もし、報道されていることが事実であり、裏付ける証拠もあるとなれば、小沢代表の検察批判も吹っ飛んでしまう。まさしく大久保秘書は違法な企業献金の認識を持っていた、と言わざるを得ない。民主党代表の続投騒ぎどころではなくなってしまう。
 いずれにせよ、政権交代が実現しようとする今、民主党へのイメージダウンは必至であろう。検察も不公平捜査と批判されないよう西松建設から献金を受けている全国会議員への捜査を遂げるべきだ。

13時08分

runking.gif
↑↑このブログを多くの皆さんに知ってもらうためにもクリックをお願いします。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント
西松建設の捜査の過程でなにか証拠が出て来たからではないでしょうか。もし国策捜査~ということになれば今の自民党に官僚~とか政権担当能力~が無いから政権交代~という理論も破たんするのではないでしょうか。ということは政権交代の必要性もないわけで・・・・・
【2009/03/05 16:17】 URL | 越前谷京子 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://terukan.blog44.fc2.com/tb.php/128-17265f9e



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。