テルヤ寛徳のブログ
照屋寛徳 社民党・衆議院議員 沖縄2区
プロフィール

照屋寛徳

Author:照屋寛徳
社民党・衆議院議員
沖縄2区



QRコード

QR



カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



訪問者数 since2009.1.8



FC2ブログランキング

クリックをお願いいたします。

FC2Blog Ranking



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「麻生の不信」と「小沢の過信」
 7割以上の国民から不評の「定額給付金」が、早い自治体では昨日からバラまかれた。テレビには支給(バラまき)を受け、喜ぶ人の姿が映し出されている。支給を喜ぶ人を責める気は毛頭ない。景気が厳しく、生活不安が増大する中で、「定額給付金」がもらえるのはありがたい、と心待ちにする人も多かろう。
 だが、ありがたく、喜んで支給を受ける2兆円超の「定額給付金」は、もともと国民から徴収した税金である。巨額の税金を「究極の選挙対策」すなわち「選挙買収」資金として配るようなものだ、との批判もある。2兆円超のお金は、雇用、介護、医療、教育、子育て支援などに使うべきではないのか。
 「定額給付金」をめぐる麻生総理の発言も迷走し、政策意図も生活支援なのか、消費刺激なのか二転三転した。「もらわない」「もらう」と総理や閣僚の態度もくるくる変わった。変わらないのは、国民の「政治不信」である。今の自民・公明の連立政権への不信と言ってもいい。
 一方、公設秘書が逮捕された野党第一党の小沢民主はどうか。小沢代表の強気の検察批判の危うさについては、昨日のブログにも書いた。検察権力、国家権力の不当捜査だ、と指弾する小沢代表の記者会見発表にもかかわらず、その後に出てくる大久保秘書と「西松建設」の深い癒着の構造をどう理解せよと言うのか。
 弁護士のはしくれとして、現段階では「疑わしきは被告人(被疑者)の利益に」との原則に立つ。だが、小沢代表が大久保秘書に対する「過信」で検察批判をおこなっているとすると問題が起こる。そして、この問題で民主党全体が「小沢の過信」を「過信」しているとすると、大問題に発展する予感がしてならない。

runking.gif
↑↑このブログを多くの皆さんに知ってもらうためにもクリックをお願いします。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント
小沢民主代表に直ちに退陣勧告を
◇小沢民主党代表の公設秘書・会計責任者の逮捕という事態に、「やっぱり」。でも「これで小沢総理はなくなって」ほっとしています。
◇民主党の支持率上昇、次期総理への小沢民主代表の「期待」は、麻生総理や自民党のだらしなさへの「反発・不信」の反映でしかありません。
◇財源の裏づけのない民主党の「政策」に支持が集まっているわけではありません。安全保障政策も「ソマリア海賊」の「賛否」も決めれず、
「軍縮」なのか「軍拡」なのかバラバラの政党です。年金・福祉政策も「消費税増税をいったり止めたり」のその場限りの繰り返しです。
◇小沢民主代表は 自民党時代から田中元総理、金丸元副総理後継の「金権政治」の象徴であったことは今も変わっていないようです。
◇海外の政治家や大使との「会見」での「不遜極まる対応」や、議会への出席より「選挙遊説」優先の姿勢では「総理になったらどうなるのか」
と不安に思っているのは私だけでないと思います。 ◇「会計責任者」の逮捕とは選挙期間中なら「連座規定」で「議員失職」に相当します。
直ちに「代表を辞する」のが当然です。 "

◆今こそ 民主を叩き、社民の浮上するチャンスではないですか。
 福島党首の「小沢代表は 説明責任を果たした」というコメントは とても容認できません。
◇「自民」も「民主」も同じ 「民主」との「協力関係」を白紙にする気概で対応してください。
 なにひとつ「民主」小沢を支える義理はないのです。福島党首は 小沢に寄りすぎです。寛徳さんがんばってください。

石川連白山市
 松任・美川総支部 事務局長 森 良明
【2009/03/07 09:53】 URL | 森 良明 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://terukan.blog44.fc2.com/tb.php/129-09cf3fec



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。