テルヤ寛徳のブログ
照屋寛徳 社民党・衆議院議員 沖縄2区
プロフィール

照屋寛徳

Author:照屋寛徳
社民党・衆議院議員
沖縄2区



QRコード

QR



カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



訪問者数 since2009.1.8



FC2ブログランキング

クリックをお願いいたします。

FC2Blog Ranking



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


米軍基地からの苦悩は沖縄に集中
 3月9日、「基地の島沖縄」の苦悩を象徴する3つの動きがあった。過密で膨大な米軍基地が集中する沖縄は、米軍基地からの苦悩も深く、基地被害も甚大である。基地被害に対しては、泣き寝入りや無関心は許されず、常に告発し、糾弾する態度を堅持しなければならない。
 苦悩を象徴する動きの1つは、航空自衛隊のF15戦闘機と米軍嘉手納基地に一時配備されている最新鋭ステルス戦闘機F22Aラプターとの日米合同訓練である。航空自衛隊が13日~19日の日程で実施すると発表している。
 本来、嘉手納基地所属戦闘機でない、いわゆる外来機の同基地への飛来、訓練による爆音激化で住民がその被害に苦しんでいる。その上に自衛隊との共同訓練が行われると、爆音は激化し、墜落の恐怖も度を増すことは確実だ。去る2月27日の新嘉手納爆音差止め等裁判の控訴審で、爆音曝露の違法性が厳しく断罪されたばかりである。防衛省の住民を無視した態度に強い怒りを禁じえない。
 2つ目は、米海軍の掃海艦2隻が4月1日~3日まで民間の石垣港に寄港する、との通知を発した事である。八重山の市民団体、労働組合などが強く反対表明をし、石垣市当局も港湾の混雑と平和港湾を理由に断る方針のようだ。多くの市民は、島が軍事化されれば観光客も激減し、島の魅力も失われる、と反対行動への結集を呼びかけている。石垣市港湾課によると、4月1日~3日は大型クルーズ船2隻の岸壁使用が決まっているとのこと。これらの事実を承知で、日米安保を理由に米掃海艦の寄港を許すような政府の態度は絶対に許せない。このブログを読まれる全国の皆さんにかかる理不尽さに対する抗議の声を上げて下さるようお願い申し上げる。
 3つ目は、昨年10月に名護市真喜屋のサトウキビ畑に米空軍所属の軽飛行機が墜落した件で、名護署が3月9日、事故機のパイロットを航空危険行為等処罰法違反、航空法違反容疑で書類送検したことである。私は事故直後に現場を視察したが、名護署の立件と送検は至極当然である。検察の判断が注目される。
 ただ、パイロットの中佐は、現在、米本国の基地に所属しているようなので、刑事処分とその執行は困難を極めるだろうと思う。事故機のパイロットの刑事責任をうやむやにするようでは、主権国家、独立国家の警察権、司法権の放棄に等しい。
 「基地沖縄」の苦悩はいつまで続くのか?苦悩を解消する運動や闘いは作りだせるか?いや、作らねばならない。どっこいウチナーで生きるものの尊厳にかけて!

15時13分

runking.gif
↑↑このブログを多くの皆さんに知ってもらうためにもクリックをお願いします。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://terukan.blog44.fc2.com/tb.php/134-b1bc9dbb



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。