テルヤ寛徳のブログ
照屋寛徳 社民党・衆議院議員 沖縄2区
プロフィール

照屋寛徳

Author:照屋寛徳
社民党・衆議院議員
沖縄2区



QRコード

QR



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



訪問者数 since2009.1.8



FC2ブログランキング

クリックをお願いいたします。

FC2Blog Ranking



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


愛宕山に米軍住宅も米軍施設もいらない!
 山口県岩国市の市民らで組織する「愛宕山を守る市民連絡協議会」(岡村寛 世話人代表)から防衛省、外務省への請願署名手交に立ち会った。集った請願署名は11万516筆、そのうち岩国市民の分は5万920筆、岩国市の人口が約15万人ということだから、その三分の一を超える。大変に重たい請願署名だ。請願署名の提出にあたり、浜田防衛大臣宛の要請書を末尾に掲載する。

愛宕山002
請願署名は沖縄等米軍基地議員懇談会の場で手交された。同議員懇で挨拶するテルヤ議員
 
問題の概略は以下のようだ。
 事の発端は、岩国基地沖合に滑走路を移設する計画が持ち上がったことにある。海面埋め立てに必要な土砂を愛宕山から採取し、切り崩された土地を造成して「愛宕山地域開発事業」を行うという計画だ。ところが、同事業が赤字を見込まれることから米軍住宅に転用しようという話が浮上してきた。
 一方で、米軍再編の「ロードマップ」(行程表)に基づき岩国基地には、厚木基地(神奈川)から空母艦載機が、普天間基地からKC130空中給油機12機が移転することになっている。
 「移駐反対」の井原勝介前市長に対して、決まっていた市庁舎建設費35億円の補助金がカットされる等の妨害がなされた結果、市長選に突入したのが昨年2月だ。市長選挙で井原前市長は、自・公の推す自民党衆議院議員の福田良彦氏に敗れた。「ロードマップ」では、2014年の米軍再編完結時までに59機の米空母艦載機の移駐実現必要とされている。そのためには、約4000人の軍人とその家族住宅の建設が必要との理屈から、「移駐容認」の市長誕生で愛宕山が米軍住宅用地として狙われるハメになったのだ。
 愛宕山には、270年の歴史がある愛宕神社があり、地域住民の心の拠り所になっているようだ。山口県は、1997年いらい進めてきた愛宕山の住宅開発事業を廃止決定し、「赤字解消」を理由に米軍住宅用地として一括売却しようという。由緒ある市民の憩いの場である愛宕山が、金網で囲まれた巨大米軍住宅へと変わろうとする動きに市民が怒り、立ち上がったのである。
 岩国基地周辺では爆音も激化し、去る3月23日、476人の住民らが国を相手に岩国爆音裁判が提訴された。しかも、被害住民らはこの裁判で「艦載機の岩国への移転差し止め」を求めており、爆音が、米軍再編が裁かれることになる。
 来る4月12日には「4.12愛宕山大集会」も開催される。全国から愛宕山に米軍住宅を造らせないために頑張る市民への連帯と支援を呼びかけたい。

 《激励先》
〒741-0071 岩国市牛野谷町1-5-3 
 TEL : 090-4807ー1538

愛宕山001
岡村世話人代表ら「愛宕山を守る会」のみなさん

runking.gif
↑↑このブログを多くの皆さんに知ってもらうためにもクリックをお願いします。



=====

2009年4月7日
防衛大臣 浜 田 靖 一 様

山口県岩国市 愛宕山を守る市民連絡協議会
          愛宕山を守る会
          世話人代表 岡 村 寛

 「愛宕山の米軍住宅化は絶対に許さない!」請願署名の提出について

 年度始めで政務ご多用の中、日夜ご精励のことと敬意を表します。さて、私達は本日、「アメリカ海兵隊」が駐留する山口県岩国市から参りました岩国市民です。
 岩国市では半世紀も前から、「アメリカ海兵隊」の運用する航空機の爆音や墜落の危険性を回避するため、「市民の悲願」として基地滑走路の沖合展開を政府にお願いしてまいりました。その願望がようやく実り、2012年には現滑走路の1キロメートル沖合に新滑走路が完成し、新しい岩国基地が誕生する運びとなりました。
 ところが、この事業の一環で海面埋め立てに使用する土砂を採取する目的で「愛宕山地域開発事業」と呼ぶ公共事業が行われましたが、今日の景気低迷で頓挫する結果となりました。現在では約250億円の負債が残り、事業を主導した山口県及び岩国市は開発跡地約102ヘクタールの政府買い上げを要望し課題を解決しようと計画しています。
 具体的には、売却した用地の活用を米軍再編計画のメニューにある、岩国基地へ移転予定の「艦載機部隊関係者の住宅建設用地」とするお話で、事態は進行をしております。
 「愛宕山地域開発」は当初から、21世紀へ引き継ぐ理想の街をつくるのだと説明され、先祖伝来の用地を市民から買収して進められましたが、今になってこの開発地を米軍住宅として転用するとは到底容認できる話では有りません。
 私たちは昨年末から、岩国市民は元より全国の人々の熱い思いでこうした動きを止めて頂きたいと「5万人署名」を取り組んで参りましたが、この度その成果が2倍に膨らむ11万筆を突破することができました。
 そして本日これを持参、参上したところです。どうかこの、一筆一筆に込められた国民の思いをお汲み取り頂き、私たちのお願いを聞き遂げて頂きますよう重ねて申します。
 「愛宕山に米軍住宅も、米軍施設も、建設しないで下さい」

=====
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://terukan.blog44.fc2.com/tb.php/154-7d5fbcfd



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。