テルヤ寛徳のブログ
照屋寛徳 社民党・衆議院議員 沖縄2区
プロフィール

照屋寛徳

Author:照屋寛徳
社民党・衆議院議員
沖縄2区



QRコード

QR



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



訪問者数 since2009.1.8



FC2ブログランキング

クリックをお願いいたします。

FC2Blog Ranking



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


米軍基地あるがゆえの犠牲は続く
 今日は午前9時30分から安全保障委員会が開かれた。途中、本会議のため休憩となり、本会議終了後、委員会は審議を続行し、午後3時30分頃に終了した。どうしたわけか与党は質疑を放棄し、野党だけの質疑となった。
 私は、(1)山口県岩国市の愛宕山米軍住宅建設問題、(2)在沖米軍人・軍属の基地内外の居住者実態について、(3)嘉手納基地における爆音激化について、(4)那覇市で発生したYナンバー車によるひき逃げ事件等について質した。
 以前、外務委員のときもそうだったが、沖縄を始めとする全国の米軍基地から発生する事件・事故や基地公害等の問題が多発しており、それらに対する防衛省、外務省の対応を質したり、責任を追及するのに対応を追われっ放しである。本来ならこの国のあるべき安全保障や外交方針について、基本的論議を尽くしたいところだが、実際は”事件追及”の委員会審議に終始している。それも「基地の島」沖縄選出国会議員の使命である以上やむを得ない。ましてや、野党の少数会派は質疑時間が短いのである。
 私が今日の安保委員会で質した質問の根っこにあるのは、「米軍基地」であり、「住民への犠牲の強制」への憤りである。詳しい質疑内容については、衆議院のホームページから審議の中継をご覧頂きたい。
 外務省、防衛省の大臣、役員らには、しつこく、うるさい議員だと思われているかもしれないが、米軍基地で苦しむ住民のために黙っているわけにはいかないのだ。このブログを書き終えたら、海兵隊の移設先となっているグアム州議会のクルズ(Benjamin CRUZ)副議長との面談が控えている。辻元清美衆議院議員(外務委員会委員)が、旧知のクルズ副議長の来日に合わせて設けてくれた。ありがたいことだ。山内徳信議員も同席してくれた。辻元議員の行動力には、いつもながら感心する。
16時48分

《ご参考》
衆議院ホームページ
http://www.shugiin.go.jp/index.nsf/html/index.htm
委員会ニュース
http://www.shugiin.go.jp/index.nsf/html/index_rchome.htm
衆議院審議中継
http://www.shugiintv.go.jp/
会議録議事情報
http://www.shugiin.go.jp/index.nsf/html/index_kaigiroku.htm

runking.gif
↑↑このブログを多くの皆さんに知ってもらうためにもクリックをお願いします。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://terukan.blog44.fc2.com/tb.php/156-8a8a3991



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。