テルヤ寛徳のブログ
照屋寛徳 社民党・衆議院議員 沖縄2区
プロフィール

照屋寛徳

Author:照屋寛徳
社民党・衆議院議員
沖縄2区



QRコード

QR



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



訪問者数 since2009.1.8



FC2ブログランキング

クリックをお願いいたします。

FC2Blog Ranking



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


米軍の怠慢と防衛省の怠慢-キャンプ瑞慶覧アスベスト発生-
 米軍キャンプ・瑞慶覧内で排出された廃棄物からアスベストが検出された。アスベストが検出された廃棄物は、読谷村にある民間の廃棄物集積所に運搬されていた。沖縄県の中部福祉保健所が通報を受けてサンプル検査をした結果、アスベストが検出・確認されたと地元紙は報じている。この問題で、社民党沖縄県連合、護憲ネット県議団共同で沖縄防衛局に抗議要請に行った。
 この工事は、米軍が直に発注した工事である。工事内容は、空調ダクトの取り替えで、下請け(孫請け)工事に従事していたのが沖縄の従業員である。アスベスト発生問題を知り、すぐに防衛省、環境省に事実関係や法的問題を質した。その結果、米軍の直轄工事であっても、日米合同委員会の下にある環境分科委員会で策定された、日本環境基準(JEGS)が適用されるとの回答を得た。JEGS第15章には、アスベスト廃棄物の処分作業、工事契約等について厳格な定めがある。にもかかわらず今回JEGSが守られてない疑いが強い。猛毒のアスベスト廃棄物が米軍基地内から民間地域を通過して、民間の廃棄物集積所に運びこまれる事は断じて許せない。しかも、今回の工事作業員に対して普段着(作業服)のまま従事させ、アスベスト粉塵飛飛散対策も全く講じていない。昨日の沖縄防衛局への抗議要請で、法令無視した米軍の怠慢にも立腹したが、沖縄防衛局の対応の怠慢にも腹立たしくなった。沖縄防衛局は、自らの立ち入り要求も沖縄県からの立ち入り要求にも迅速な対応をやってないのだ、中部福祉保健所への問い合わせ確認も遅すぎる。情けないやら、ワジワジーするやら・・・。
 かくなるうえは、今回の工事の即時停止しかない。同時に沖縄県や関係自治体の現地立ち入り、周辺環境調査の実施を無視すべきだ。やはり米軍基地は諸悪の根源だ。

 9時45分
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://terukan.blog44.fc2.com/tb.php/157-13003283



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。