テルヤ寛徳のブログ
照屋寛徳 社民党・衆議院議員 沖縄2区
プロフィール

照屋寛徳

Author:照屋寛徳
社民党・衆議院議員
沖縄2区



QRコード

QR



カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



訪問者数 since2009.1.8



FC2ブログランキング

クリックをお願いいたします。

FC2Blog Ranking



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ホームレス自立支援
 手元の辞書(新明解国語辞典)には、「ホームレス」の項目がない。「ホームステイ」、「ホームドレス」、「ホームルーム」などはあるが、ホームレスの解説がない。どうしてだろう?
「ホームレスの自立の支援等に関する特別措置法」(平成14年法律第105号)という法律がすでに制定されている。前記法第2条で、ホームレスとは、「都市公園、河川、道路、駅舎その他の施設を故なく起居の場所として日常生活を営んでいる者」と規定している。沖縄ではその場所は公園が多く、墓地や空き墓の場合もある。
 先日、沖縄でホームレスになってしまった方々への自立支援活動をしているNPO団体プロミスキーパーズ(山内昌良代表)が開設運営している「エデンハウス寮」を訪ねた。
 エデンハウスには、現在60人余が入所している。山内牧師夫婦の説明によると、沖縄県内では、支援団体は少なく、ここだけが無償で施設への受け入れをしていると言う。約20年間にわたり公園でホームレス生活をしていたという寮長の阿波根直彦さんにもお会いして話を聞く機会を得た。
 山内代表によると、入所者が共同で古紙、資源ごみの回収・分別、農場でのニラ栽培などに従事しているとのことだ。現在のところ公的支援はなく、病気の人以外は生活保護も受給せずに、就労支援を受けながら、自立へ向けて頑張っているそうだ。数名の方は、エデンハウスから職場へ通っているという。運営費の多くは、山内代表の給料を充てているとも伺った。

エデンハウス
10月16日 エデンハウスの皆さんと。

 ホームレスになる理由は様々だろう。家族関係、人間関係が壊れた者、弱肉強食の政治の中で格差が貧困へと階層化し、固定化した者もいるだろう。山内代表の話を聞いて、政治・行政の責任を痛感した。ホームレスの自立支援も個人の善意だけに頼るような社会であってはいけない。
 早速、10月21日に議員会館の事務所に厚生労働省の吉元信治ホームレス自立支援係長を呼んで、ホームレスの実態に関する全国調査の動向、支援事業の内容について話を聞いた。NPO団体プロミスキーパーズとエデンハウスの現状と課題も伝え、近いうちにぜひ沖縄を訪ねて激励してほしい、と要請した。
 吉元氏の説明によると、国としては、県や市町村への補助はできるが、NPO団体への直接の補助は制度上できないという。市町村という自治体単位での自立支援事業を補助することも考えられるが、ホームレスの方の人数に対する事業になるので、沖縄県全域のホームレス自立支援のためには、県が事業を実施し、委託先への補助という形での支援が可能だということを話していた。厚労省としても、県がまだ取り組んでいないことを民間が担っているということをエデンハウスの例で把握したとも話していた。
 2008年1月時点での厚労省の調査によると、全国のホームレスは、約1万6千人、全国的には減少傾向だが、沖縄県は増加が目立つ。この調査は面接方式ではなく目視調査であり、エデンハウスへ入所したような人たちは該当しない。だが、エデンハウス入所者も、NPO団体プロミスキーパーズの支援がなければ、元の生活に戻ってしまうだろうことは想像に難くない。はたして、厚労省の全国調査の数字は実態を正確に反映したものだろうか、にわかに措信し難い。調査上の数字では、沖縄県全体におけるホームレスの人数は200人、約半数が那覇市であり、西原町におけるホームレスは1人である。
 いずれにせよ、ホームレスの自立支援は急を要する。このブログを読んだ方は、善意のサポート及び山内昌良代表らへの激励をお願いします。

*****

エデンハウス(ホームレス自立支援施設)リーフレットより抜粋

エデンハウスの信条
 NPO団体プロミスキーパーズは、「あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ」という神の言葉によって、生活に困窮している方々、路上、公園生活を余儀なくされている方々、様々な依存症で苦しんでいる方々のために設立されました。
 生活の改善と自立、回心を支援することによって社会への復帰をなし、また、家庭の回復が与えられることを願って活動しています。そして、神から与えられた尊い命と人権の確立を守り、よりよい人生と、誰もが住みやすい街づくりに寄与し、弱い人、苦しんでいる人、貧しい人、虐げられている人々の一助となればと願っています。

サポート概要
 私たちの活動資金は、次のように捻出していますので是非ご協力ください。
①古紙、新聞等の回収事業
②スクラップ、缶、ペットボトル等事業(ご連絡いただければ、定期的に回収にお伺い致します)
③寄付、献金(いくらでも受け付けます)
④サポート会員募集中(天に宝を積みましょう。月1000円、500円会費)

振込先
特定非営利活動団体プロミスキーパーズ
代表者 山内昌良
沖縄銀行 大平支店 (普)1501380
琉球銀行 安波茶支店 (普)312563

住所
903-0115沖縄県西原町字池田108番地

NPO団体プロミスキーパーズ
TEL/FAX 098-945-0091

エデンハウス寮
TEL 098-945-5911

「NPO団体プロミスキーパーズ」ホームページ

*****
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://terukan.blog44.fc2.com/tb.php/16-ec3101f1



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。